« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

流氷ツアー 第1日

予定は

紋別空港着

ガリンコ号で流氷を見る予定だった。

1img_0016

ところが

新千歳空港に着いたら

紋別空港行きが悪天候で欠航。

女満別空港に変更になったが

1時間後、これも欠航。

3img_0028

急遽

新千歳からJRで旭川へ行き

4img_0032

そこからバスで

宿泊地の温根湯温泉に行くことになった。

5img_0038

温根湯温泉の宿に着いたのは

20:00を過ぎていた。

第1日目は

吹雪のため移動だけで

終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

トラベル英会話友の会

会場 イタリアンR

時間 19:00~22:00

メンバー Kさん、Nさん、Iさん、いちじん

話題

冬山登山、(アイゼン、ピッケルの使い方、ストックの使い方)

英会話、(ユーチューブの活用、東京外大オープン講義、)

腰痛の治療、(手術、ペインクリニック)

北海道ヒグマ対策、(4必携、鈴、笛、テープレコーダー、スプレー)

北海道(サケのフィッシング、道の駅の活用法、)

大山(頂上付近の急峻なコース、)

谷川岳(冬季縦走、遭難、)

赤城山(雪の黒檜山、)

黒斑山(2404m、)

インドネパール(仏陀の辿ったコース、)

ケアンズ(シュノーケル、熱帯樹林、宿、鳥)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

うたごえ喫茶「青春」にて 練習第23回

13:00~14:00

スタッフ会議

14:00~17:00

立稽古

1場

細かな動きの確認

役者が重ならないようにする。

動きを大きくする。

動きながらセリフを言う。

3場

歌の歌い方

歌いながら動きをする。

歌う時に歌集を見る。

訪問者との対応

片付けに時間をかける。

椅子への案内をスムーズにする。

名刺交換をしたら座る。

9場

スタッフ役への声掛けをしっかり言う。

③の後、拍手を率先して行う。

④⑤は上手側に行ってから言う。

⑦のセリフはタイミング良く言う。

1場③の言い方を間違えてから

オドオド・・・

今日も良い所が無かった。

変更した衣裳がどうにか通っただけだった。

課題

セリフを確実に言えるようにすること。

自然に振舞うこと。

役に成りきること。

箕郷文化会館の事務局の話によると

チケット完売。

The tickets were sold out

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

my diary

I received an e-mail from the Gunma-shibu

Wild Bird Society of Japan's office in the afternoon.

It was a inquiry of bird.

The bird was a Northern Lapwing.

I showed him the location of the bird on the website.

Have you ever seen a Northern Lapwing?

Northern Lapwing is Tageri.

slurp(ing)    ずるずると音を立てて食べる。

1m of snow      積雪1m

singular noun          単数名詞

plural noun              複数名詞

have caught a cold   

rice porridge      粥

pickled plums     梅干し

beer       ビールの作り方

malt    = water    and     wheat   and    suger

            水と小麦と砂糖

Vodka or 100 percent alcohol

      ウオッカ または 100%のアルコール

yeast     イースト菌

kit         用具一式

アメリカにはビール作りのキットがあって

自家製のビールを作って楽しむそうだ。

そのキットで60杯分のビールが作れるとのこと。

Kさんが持ってきてくれた桜餅を

漆の皿に乗せて出した。

Japanese  lacquer     漆塗り

スキーの話になり

Do you ski? と問われたので

I am not good at ski.

と答えた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルリンの壁

今日、ピアノの調律に来たYさんは

ドイツで28年間、ピアノの仕事をしていたとのこと。

5年前に日本に帰ってきてピアノの調律を

始めたそうだ。

話して行くと

3.11東日本大震災の復興チャリティーコンサートを

2011.7.2

前橋の群馬県公社総合ビルで開催した時に

ピアノの調律でお世話になった方だった。

そこで、仕事が始まる前に

以前からよく分からなかった

「ベルリンの壁」についての疑問を投げかけてみた。

東ドイツの中にあったベルリンを

東西に分けたということはどういうことだったのか。

西ドイツからどのようにして

西ベルリンへ行ったのか。

東ドイツの中に西ベルリンの島があったようなもので

西ドイツから、西ベルリンに行くには

鉄道とアウトバーンと飛行機の3つの行き方があったそうだ。

よく、東ドイツへ行ったそうで

同じ1マルクでも西の方の1マルクの方が

4倍くらいの価値があったとのこと。

ベルリンの壁の崩壊を目の当たりにしたYさんの話は

迫真に満ちていた。

ドイツから帰ってきてまだ5年だそうだが

ピアノの仕事も軌道に乗って順調のようだ。

また、

調律を始める前に

周りの板を全部外して

ピアノの構造を懇切丁寧に説明してくれた。

音を小さくするペダルがあったが

そのペダルを踏むとピアノ線に布製カバーがかかり

その上を打つことになるので音が小さくなるのだった。

そういうことだったのだ。

フーン!

その後、調律が始まったが

終わるまで2時間ほどかかった。

けいこさんは

音が軟らかくなったと

わたしは

話が面白かったと

二人で喜んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤い実を食べに来た鳥たち

11:00 我が家の2階から鳥見。

ヒヨドリ

2dsc_0211

ムクドリ

3dsc_0218

ツグミ

4dsc_0256

赤い実をつまんで一瞬のうちに飲み込んでしまう。

5dsc_0264

満足顔

6dsc_0299

上空にツバメが数羽、飛び交っていた。

速くて種類を特定できなかった。

南方に帰らなかったツバメだろうか・・・

1dsc_0282




| | コメント (0) | トラックバック (0)

流氷情報

流氷情報が気になる。

今年は流氷の接岸が遅れている。

1月27日(月)の流氷情報だ。

気象庁の海氷予想図

http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/seaice/forecast/nsif.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

鼎談

会場 いとこM1-2宅

時間 14:00~16:30

参加者 いとこM1-2、T氏、いちじん

話題

上中居の歴史、

上中居の形状、(堀、河川、湿地帯)

小字名、

古墳、

上中居公民館の歴史、

高崎五万石騒動の紙芝居、

私の知らない上中居の歴史を

いろいろ聞くことができた。

ある事象をその時点で理解したつもりでも

その事象のそれまでの経緯(背景、歴史)を知ることによって

理解の仕方が変わることが分かった。

経緯(背景、歴史)をより深く知ることによって

現在の自分の存在が

より明確になる。

明治時代へ、江戸時代へ、

戦国時代へ、・・・平安時代へ、

・・・古墳時代へ、

遡って行けば・・・

インターナショナルの世界に辿り着くのだが・・・

人はあまり昔へ帰れない。

遡っても精々、昭和時代だ。

江戸末期から明治維新期まで遡って理解しなければ

今後の日本の在り方を提案することは困難に思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

蕎麦くうかい 第29回

客人 IMさん夫妻、ITさん夫妻

時間 11:00~16:00

1dsc_0199

蕎麦打ち

IMさんが蕎麦打ちを体験したいと言うので

初めに私が打ち、次に打ってもらった。

1.5センチの厚さにしているところ、

2dsc_0190

延し棒で伸しています。

仕事が慎重でした。

3dsc_0191

丁寧に切っています。

同じ幅でとても初めてとは思えなかった。

4dsc_0194

12:30 ITさん夫妻が来たので

情報交換しながら

打ち立て、茹で立てを・・・

5dsc_0196

天麩羅は

エビ、ナス、ウド、マイタケ、カボチャ、レンコン・・・

それから

87歳の義母が作った料理

芋と根菜の煮物、キンピラ。

それから

けいこさんが作ったダイコンの甘酢漬け

(このダイコンはいちじんが育てたもの)

話題は、

音楽、旅(行ったところ、行きたいところ)、

料理、カヌー、木登り、自転車、登山、

ダイビング、ダイエット、等々

面白かった。

最後に私たちが

浜川プールで体験したカヌー教室のDVDと

浅間隠山のTV東京の録画を

見てもらった。

2組の若夫婦とゆっくり話すことができた。

ピアノの前の壁に掛けてある絵を見て


ウィキペディアより

IM妻さんが

「どうしてあの絵を掛けているんですか?」

と言うので

「フェルメールがピアノ(ヴァージナル=チェンバロ)の前にいる女性を

描いた絵なので・・・」

と言い出したら

現役時代、オランダのデルフトに10日ばかり

研修旅行をしたことを思い出したので

その時の話をした。

デルフトのスーパーでスケッチブックと6Bの鉛筆を買い、

フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた所へ

行って一人でスケッチをしたことを。


ウィキペディアより

すると

IM妻さんが言った。

「オランダへ行ったのですか、

私の職場のHさんが、以前、研修でオランダへ行ったと

話していましたが・・・ご一緒だったということはありませんよね」

「オランダへ研修に行くのは珍しいことでしたよ」

と言いながら十数年前のことを振り返った。

「Hさん、Hさん、・・・そういえば、Hさんという方がいましたよ。

今、IM妻さんと同じ職場なのですか!」

次第にHさんの顔が浮かんできた。

・・・

IM妻さんがフェルメールの絵に関心を持たなかったら

Hさんのことは思い出さなかっただろう。

帰りしなIM妻さんに

「Hさんによろしくお伝えください」と

言付けた。

それから、IM妻さんが

ダイコンの甘酢漬けが美味しいと言っていたので

お土産に渡した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

群響第496回定期演奏会

群響のHPから

指揮:沼尻 竜典

マーラー/ 交響曲 第6番 イ短調《悲劇的》

G.Mahlar / Symphony No.6 in A minor, “Tragic”   

 
交響曲第6番(1906初演。後に頻繁に改訂)は
作曲者渾身の力作で、
彼の最高傑作とする評価もある。
《悲劇的》の副題もマーラー自身によるもので、
作品の背景には当時「ウィーンで一番の美人」と言われた
20歳以上も年下の妻アルマ・マーラーとの確執があるとも言われる。
曲はマーラー作品の中で最も近代的な響きに満ち、
最終楽章には巨大な木製のハンマーが
振り下ろされて舞台を揺るがす。
2013年8月よりリューベック歌劇場音楽総監督に
就任する沼尻による灼熱の65分(この文は矛盾している!いちじん) 
ほろ酔い気分で会場に
ほとんど満員だった。
20分遅れで演奏が始まった。
1楽章が始まって間もなく
身体が温まり睡魔が襲って来た。
・・・
気が付いたら
第4楽章が始まっていた。
凄い音響で目が覚めてしまったのかもしれない。
轟音と繊細の音が交互に流れた。
凄い!
そして2回のハンマーの音は
はっきり聞くことができた。
2回目のハンマーは姿もキャッチできた。
マーラーの第6番は
このハンマー音が聴けたので
満足だ。
帰りにけいこさんが呆れ顔で一言
「酒臭いから、人に近寄らないで!」
去年と同じ轍を踏んでしまった。
新年会と群響がいつも同日!
何と悲劇的なことだ。
どうにもならないので
来年は酒を飲むのを控えよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年会 高校時代

時間 15:00~18:00

会場 高崎ビューホテル

総会 15:00~16:00

宴会 16:00~18:00

同期の仲間は20人くらいだった。

旧交を温めた。

高校時代の3年間、同じクラスになっていなかったので

何も知らなかったUさんが

たまたま隣にいたので(立食形式)

「どこに、お住まいですか?」

「市内ですが」

「市内のどちらに?」

「下小鳥ですが」

「あの首塚がある下小鳥に!」

「あの碑はうちの敷地に建ててあるんですよ」

「え!」

と言うことで

真塩紋弥のこと、「櫻樹の塚」のこと、五万石騒動のこと等を話題にした。

後日詳しい話がしたいので

Uさんから電話番号を教えてもらった。

これも何かの巡り合わせなので

Uさんとの出会いを

大切にしたい。

いちじん歩けば

人に当たる!

正に言葉通りの日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高崎五万石騒動研究会 1月例会

2014年最初の例会で

参加者が多かった。

新年の抱負

Hoさん

五万石騒動の大義を追求したい。

Haさん

① 光心寺が義民の寺として今日まで継承されたことを解明したい。

② 農民の意識を渡辺尚志の著作から追及したい。

「百姓たちの幕末維新」

http://soshisha.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-3099.html

③ 養蚕業と五万石騒動の関連をはっきりさせたい。

Oさん

義人祭を市民に広げていきたい。

Yさん

田中正造の仕事と対比してみたい。

田中正蔵記念館

http://www.cnet-ga.ne.jp/syozou/

Siさん

「櫻樹の塚」を本屋に注文して購入、読破した。

養蚕、上州の義侠、の追及。

Maさん

光心寺の法要(3月)を成功させたい。

Saさん

2月の義人祭を暖かい3月に変更してもらいたい。

Moさん

この冬、親戚・知人の逝去が多かったので、

12月例会にも参加できなかった。

いちじん

「櫻樹の塚」を「五万石騒動」の章から読み始めた。

「高崎 上中居とはあれこれ」の中の「五万五騒動」の紹介。

紙芝居の文面について知りたい。

1 会計について

会計を一般会計と特別会計に分け、

年会費を3000円とする。

14年度は4月1日から始める。

会計担当 Moさん

2 高崎仏教会での講演

講師 萩原慧さん

日時 1月27日 17:00~18:00

会場 高崎ビューホテル

3 第4回義人祭について

日時 2月2日 10:00~

会場 義人堂前         

式次第

① 開会の挨拶         

② 来賓の挨拶

③ 義人祭と研究会活動について 

④ 読経      

⑤ 参加者の焼香

⑥ 閉会の挨拶

各係を決めた。

いちじんは司会と花の準備。

終了後、寿司屋「五万石」で昼食会

参加者予定者6~8人

午後は文献研究会があったが

いちじんは欠席した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

紫文さんの都々逸

会場 JJ&BB

時間 19:00~21:00

出演 柳家紫文 お囃子 小梅

前回行った時にお願いした

市民演劇のチラシが店の外の掲示板に

貼ってあった。

02dsc_0177

少し早めにだったので

お二人で音合わせをしていた。

01dsc_0176

紫文さんの公演を聴くのは今回で3回目だ。

2回目は2011.11.20だった。

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2011/11/post-6e9c.html

お二人が着替えに二階に行ってから

客が入ってきた。

始まる頃になると会場は

満員になった。

紫文さんの公演を10回以上は聴いている

迷道院さんと同じテーブルで

紫文さんの三味線と歌と話芸を楽しんだ。

中休みに

紫文さんは自著「都々逸のススメ」を販売した。

04dsc_0183

わたしは以前買って読破したのでパス。

後半は18番の「長谷川平蔵・・・」だった。

やはりこれが一番受けた。

03dsc_0181

また後日ここで

公演がある模様・・・

高崎の生んだ芸人

紫文さんを応援しよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒斑山

日本列島、快晴

山日和なので、さて、どこに・・・

来週の旅に備えて

耐寒訓練で黒斑山だ。

高峰温泉駐車場から見た富士山

1dsc_0020

高峰温泉ホテルの駐車場

2dsc_0022

さあ!出発!積雪は1m位か

3dsc_0032

八ヶ岳方面

4dsc_0037

雪塊が枝にいくつか

5dsc_0043

高峰山の向こうに北アルプスが見えてきた

6dsc_0045

鹿島槍、五竜岳、唐松

7dsc_0052

カモシカの足跡カモ?

8dsc_0054

高峰山方面

9dsc_0055

もう直ぐ、浅間山だ

10dsc_0056

降る返ると白馬三山、手前は東篭の登山

11dsc_0058

空が青い

12dsc_0061

北アルプス、白馬方面

15dsc_0083

ここで、一休み

16dsc_0095

富士山

17dsc_0100

トーミの頭へ

18dsc_0104

今年は雪が少ない

19dsc_0107


20dsc_0130


21dsc_0132


22dsc_0141

12:20ここで昼食、おにぎり1個とバナナ1本

13dsc_0147

さあ、下山だ

23dsc_0156

無事下山

24dsc_0173

標高差431m+αの雪上山行だった。

25dsc_0175

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

カヌー教室のDVDから

昨年、カナダでカナディアンカヌーを

経験したので、

9月7日に浜川プールのカヌー教室に参加した。

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2013/09/post-bcff.html

たまたま、J・COMの取材があった。

昨年放映されたが、見ることができなかった。

暮に浜川プールに泳ぎに行き

そのDVDを借りることができた。

コピーできないので

画面をカメラで撮った。

カヌーの乗り方の諸注意。

11dsc_0670

準備運動。

21dsc_0671

パドルは肩幅で握って


3dsc_0673

沈しても大丈夫と言うが・・・

4dsc_0674

真剣な表情。

5dsc_0675

いちじんの画面に解説が。

6dsc_0676

けいこさんの画面にも

7dsc_0677

スムーズに漕いでいるように見えるが・・・

8dsc_0678

なかなかうまく進まない。

9dsc_0679

パドルではなく、手で水をかいている。

10dsc_0680

休憩時のインタビュー

11dsc_0684

カヌーの魅力とは?

12dsc_0685


13dsc_0686

おじさん、首にタオルを巻いて悪戦苦闘。

14dsc_0687


15dsc_0689


16dsc_0691


17dsc_0692


17dsc_0693

後半は流れるプールで漕いだ。

速く進むが、

コントロールがなかなか思うようにいかなかった。

それでも、水の流れに逆らって(逆回り)

1周漕ぐことができた。

2人で緑のTシャツを着て行ったので

目立ったようだ。

思いの外、画面に登場していた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

柚子ジャム

我が家には

ハナ柚子と日本柚子の2種類がある。

ジャムを作るには

香りが強くないハナ柚子の方が適している。

この冬のハナ柚子は実の大きさが

例年より小さかった。

そればかりでなく、

実の付き方が

ブドウの房のようにかたまっていた。

こういう形状は初めてだった。

午前中、そのハナ柚子を収穫した。

時期が遅く、色が黒くなったものが

半分ぐらいもあった。

市民演劇の稽古から帰ってきたら

ユズの香りが充満していた。

けいこさんと義母と義妹の3人で

柚子ジャムの下ごしらえをした後だったのだ。

夕食後、けいこさんが

砂糖を入れ、焦げないように長時間かき混ぜて

鍋一杯の柚子ジャムを作った。

今年も、この柚子ジャムを

暫らく(半年くらい)味わえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたごえ喫茶「青春」にて 練習第22回

練習開始時刻は 15:00だったが

14:00にはもう数人来ていた。

小道具を練習部屋に運んで

椅子やテーブルを並べセットした。

まず初めに集まった人で「青春」の踊りをしたが

わたしは思うようにステップが踏めなかった。

次第に人数が多くなってきた。

それぞれのグループで思い思いの練習を始めた。

15:00

前回の舞台稽古のビデオを見た演出が

本番に向けて、いろいろな課題を提示した。

1場から順に読み合わせをしながら

改善点をその都度指摘し

それぞれの課題を明確にしてくれた。

私に対しては

要するに

その役になり切れていないと言うことだった。

言われれば

頷けることばかりだった。

衣裳についても

白のワイシャツ、黒の蝶ネクタイという出で立ちに

変更することになった。

店主らしい振る舞いをするように指示された。

客と一緒に歌を楽しむ店主ではなく、

客に歌を楽しく歌ってもらう店主に

徹底することにした。

16:20

箕郷中学の演劇部の生徒が来た。

中学生への演技指導の後

合同で「青春」を歌いながら踊った。

私が思い切り歌えるのはこの「青春」だけなので

しっかり覚え、踊ろう。

チケットは

残が50席くらいになったそうだ。

本番まで練習が6回になった。

1回1回の稽古を大事にしよう。

高崎市役所の広報の記者が写真を撮ったり

稽古終了後、演出にインタビューをしたり

していた。

昨年は広報の表紙に市民演劇が紹介されたが

今年は練習の様子が記事にされるのかも・・・

楽しみだ。

昨年の市民演劇に参加したSさんとMさんが

栄養剤の差し入れに来てくれた。

Sさんが「浅間隠山のテレビを見たので

メール送ったのに返事が無かったわね」と・・・

家に帰ってけいこさんに教わりながら

メールを確認したら

放映当日の11月2日にSさんから来ていた。

大変な失礼をしてしまっていた。

反省。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

my diary

We went to a concert yesterday.

There were twe flute players.

The sound of the flutes was very sweet.

The duo's was Aube. (櫻舞)

Au means cherry and bu mears dance.

We went to Takasaki Public Holl last night.

We practiced singing in the chorus.

Our chorus will play at the Takasaki Culture Festival on February 2.

We will sing seven songs.

Soap bubbles, (シャボン玉)

Acorn kolo kolo, (どんぐりコロコロ)

When the flower of the mandarin orange blooms,(みかんの花咲くころ)

Lorelei, (ローレライ)

Wild rose, (野ばら)

La Novia ( Lover),and(ラ・ノビア)

My way.(マイ・ウエイ)

beard   あごひげ

mustache    ちょび髭

Have you ever had a beard?

yes, I have.

ugly ⇔ beautiful  (見にくい ⇔ 美しい)

Do you agree?

Yes, I agree.

No, I disagree.

Have you ever seen the Northern lights. (aurora)

Have you ever swum before ?

When did you climb Mt Fuji.

I climbed four years ago.

eruption   火山の爆発

ash     灰

時の前置詞

on July 21    

in July

at the end of July

in the middle of July

adopted    養子

family register    戸籍

先生の結婚式にご両親と妹が

アメリカから来るそうだ。

Congratulations ! おめでとうございます。

☆☆

in on の表記が誤っていましたので

訂正しました。

ご指摘していただいたKさんに

感謝いたします。(1月23日)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

櫻舞(オウブ) フルート デュオ コンサート

フルート 山内豊端(やまうち とよみつ)

フルート 白石法久(しらいし のりひさ)

会場   カッフェ ブリコラージュ (榛東村)

時間 13:30~15:00

参加者 30人余り

プログラム フルートの歴史と演奏

① 春の小川

バロック時代 

 バッハは12音階を作った。

② フリーマン・バッハ(バッハの長男) 2本のフルートのための曲

古典派 

③ モーツアルト 魔笛より 鳥さしのアリア

 メロディーと伴奏が分かれた。

 シンフォニー、協奏曲、ソナタ形式が生まれる。

 教会、貴族のための音楽から、民衆に移った。

 作曲家が楽譜を出版して利益を得るようになった。

 フルートにキーが付いた。

④ クーラオ フルート界のベートーベン

 自分で作曲して、自分で演奏した。

ロマン派

 シューベルト、シューマン、ショパン

 物語性のある曲になった。

⑤ ショパン 子犬のワルツ

⑥ ドボルザーク ユーモレスク

⑦ チャイコフスキー 白鳥の湖より 4羽の白鳥の踊り

フルートの完成

 1847年 ドイツのカーンが現在のフルートを作った。

 パリ高等音楽院で認められ、ベーム式フルートという。

⑧ リムスキー・コルサコフ   熊蜂の飛行

近代 ラベル、ドビッシーの時代

 絵画の世界を表現するある音楽となった。

 メロディーや伴奏に拘らなくなった。

 もやもやした世界を著すようになった。

⑨ エリックサテー ・・・ 

 ナマコの胎児 不気味な曲

現代

 偶然性が生かされる音楽で

 間や相手との意気が重要視されるようになった。

⑩ ダニエルシュナイダー プロバンス風組曲 ミストラル

⑪ 鉄道唱歌メドレー

⑫ シャンソンメドレー

アンコール  ○○○

1dsc_0011

櫻舞

http://www.youtube.com/watch?v=b8rSuFeWlpc

二人の息の合った演奏と

クラシック音楽の歴史とフルートの成り立ちの解説を

聴くことができた。

料理も美味だった。

パスタとシチュー、チーズトースト

2dsc_0010

デザート

3dsc_0019

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はずれ

お年玉年賀はがきの

当選番号が決まったので

確認した。

当選番号が4通りだったので

直ぐにできた。

100枚近くあったが

全部はずれ。

切手シートが1枚くらい当たると

期待していたが・・・

今年は0だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

第26回新春市民寄席

会場 高崎市文化会館

時間 13:30~16:00

番組

① 三遊亭楽しい(ラッシー)

② 三遊亭好吉

③ 三遊亭愛楽

 中入り

④ 三遊亭王楽

⑤ 林家あずみ(三味線漫談)

⑥ 三遊亭円楽

このチケットをけいこさんが

発売日当日に買いに行った。

発売開始時刻から30分後だった。

チケットは両脇と最後尾列しか残っていなかったとのこと。

高崎市民には人気のイベントだったのだ。

来年は発売開始時刻前に行くことにしよう。

と言うことで

会場は満杯だった。

① 楽しい(ラッシー)

無筆 文字が読めない人の話。

平林の読み方

タイラバヤシ、ヒラリン、イチハチジュウモクモク、

ヒトツヤッツトッキッキ、

② 好吉

この会場は落語がやりやすい。

やりにくい所

1万人の会場、一人の会場、

幼稚園、老人ホーム、

美人のいるところ

権助の挨拶

寒い日 山は雪ですね。

暑い日 山は火事ですね。

鶴の名前の由来

首長鳥(くびながどり)

1羽目の鳥 「ツーーー」

2羽目の鳥 「ルーーー」

1羽目の鳥 「ツールー」

2羽目の鳥 黙って飛んでいった。(メス)

③ 愛楽

笑点に出ていると言うが

座布団配りに座布団を渡す係で

テレビには手が出ることがあるとのこと。

夢の中で三途の川を泳いで行ったら

向こう岸にスコップが置いてあった。

それで穴を掘って行ったら

こちらの世界に出た。

その穴はセイカントンネルだった。(青函、生還)

スイカ(鉄道カード)を入れたおばあさん

「しわを伸ばしてください」との文字を見て

札ではなく、自分の顔の皺を伸ばしてた。

ホテルの朝食、目玉焼きの焼き方で

「かためですか?」

「両目」

浦辺久米子の真似で

「しりとりがしたい」というので

「りんご」と言うと次に

彼女は「りんごが食べたい」

淡谷のり子の真似で

カラオケ大会での審査で

「あなた、こえ、だめね(肥溜め)」

禁酒した父子の話 

父は酒が飲みたいので 

妻を歌が上手だと言って酒をねだる。 

おだてられた妻は(物真似で)

五木ひろしの「契り」 

瀬川瑛子の「いのち紅」 

八代亜紀の「舟歌」 

北原美玲の「帰って来いよ」 

を歌いながら 

夫に酒を出してしまう。 

酔っぱらって帰ってきた息子が 

「おやじ、酒に酔ってるな」 

 

「俺は、母さんの歌に酔ってるんだ」

④ 王楽

先代円楽の27番弟子、2代目星の王子様、好楽の息子

先代の円楽は馬円楽、現在の円楽は腹黒円楽

父に似ていないので

小遊三に自分の出自を尋ねたら

「俺の子だ」と言われた。

最近結婚したことから

小朝の離婚の話。

2世三平(一平)の結婚の話、

三平には結婚する前、深夜よく呼び出され、

付き合わされたが、結婚した途端

お呼びが全くかからなくなってしまった。

新吉とおかみさんの浮気の話 

出張に出たはずの旦那が 

二人がこれからの所に帰ってきた。 

新吉は驚いて飛び出すが 

旦那からもらった財布を忘れてきてしまう。 

次の朝、財布を取りに行った時の 

旦那と新吉の会話。 

恐る恐るおかみさんとの仲を 

他人の話としてほのめかすが 

旦那はその話が 

自分の妻と新吉のこととは思わず 

その話を心配して聴く。 

最後に

その財布が 

自分が新吉にやったものと気付くと言う 

間抜けな旦那の話。

⑤ あずみ

三味線による漫談

⑥ 円楽

先代円楽77歳で逝去

談志数えで77歳で逝去

歌丸今年77歳・・・

仙台に支援に行った時

「萩の月」が「禿の月」に聞こえたと

歌丸をからかって怒らせたとのこと。

仙台の弁当には

・牛タン弁当

・幕の内弁当

・伊達正宗弁当

の3つがあった。

自分はどうしても伊達弁当が食べたかったので

牛タンと幕の内をイロイロ理屈をつけて

他の二人に押し付けた。

伊達政宗弁当は

ほぼ幕の内弁当と同じだったが

卵焼きが伊達巻だった。

そして御飯が「かため」だった。

この洒落が分からなかった。 

家に帰ってから、 

物知り義妹が  

「伊達政宗は片目だったから  

御飯を硬めと言ったのよ」と教えてくれた。 

蕎麦屋で

伊達政宗蕎麦を食べたら

かためだった。

出てきた唐辛子が七味ではなく

十二味唐辛子と書き換えてあった。

主人に聴いたら

七味をこぼしてしまったのでそれを掬って入れ直したので

ゴミが入ったから・・・

七味+五味=十二味。

旅好きな高齢者夫婦

何十年か振りに

新婚旅行に行った旅館に行き

新婚当時のことを思い出し

部屋で夕食を摂りながら

夫は妻に着ているものを脱ぐように言う。

・・・

妻「胸が熱くなってきたわ」

夫「乳がスープに入っているんだよ」

円生と一緒に全国を回った時のこと

「捨て耳」をするように言われた。

「捨て耳」とは、師匠たちの話を

聞き耳を立てて聴くことが

話の元になるからよく聴いていなさいと言うことだった。

それ以来の「捨て耳」してきたが

「なまり」に興味を持つようになった。

北海道

「そうでないんでないんかい」2重否定。

群馬

「ハヤクオキロ、デッケイテンキダゾ」

「イクンカイカネンカ、ハッキリシナイ」

福島

「アイジワカマチー」会津若松

「アリノミ」梨

「メイブツ ナシ」名物梨

「ウマクナイ」沼宮内

「ハンゴロシ」お萩

「テウチ」うどん

手洗いのことを 

「東司」「遠方」といろいろな呼び方があるが 

「かんじょう」と言っていた地域があった。 

そこでは 

川の側で縄に縛りつけて置いた板の上に○○して 

用事が済むと川に流していた。 

その地域の二人の旅人が 

ある宿に泊まった。

2階の部屋で 

宿の主人に「かんじょう」はどこかと尋ねる。 

主人は「勘定」と思い、部屋でと言う。 

「かんじょういたは?」と言われて、 

主人は「算盤」だと思い、 

箱算盤の玉を下にして客に差し出す。 

「この上でして良いのかい」といぶかしげる二人に 

宿の主人が 

「どうぞ、やって下さい」と言うので 

床の間の山水画を眺めながら

客は算盤の上に○○をして 

廊下に出して押し出した。 

「かんじょう」を乗せた算盤は勢いよく滑って 

廊下の隅の方へと・・・ 

それを見て、感心する旅人の話。

さすが円楽

落ち着いた喋りで

会場から惜しみない拍手が送られた。

終演後、

以前、真緋の会のメンバーだったIさんに会った。

このブログを見ているとのこと。

Iさんへ

「真緋の会に是非お出かけください。

お待ちしています。

2月13日(木)19:00~21:00です」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猿田彦大神と遠構え

1月17日、新年会の会場へ

歩いて行った。

歩きなので路地を入って行ったら

石碑が祀ってあった。

1dsc_0880

猿田彦大神の石碑だった。

3dsc_0873

成田山を信仰する人が大正11年に建てたとのこと。

2dsc_0878

この解説の裏には

遠構えのことが書かれていた。

井伊直政が箕輪城を高崎に移した時(1598年)に

掘った外堀のようだ。

この場所にその水路があったが

現在は暗渠になってしまっている。

4dsc_0874

街中を歩いたら

知らなかった歴史に出会うことができた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

水沢山 1194.4m

水沢観音の駐車場に車を置いて

誰もいない静かな境内に行き、

初詣をした。

まだ、薄暗かった。

すぐ左に登り口があった。

6時30分、急な階段を登っていった。

水沢山は西の方からは2度ほど登ったが

寺院の方からの登山は初めてだった。

頂上まで2キロ、2時間という標識があった。

登り始めるとあたりが明るくなった。

2dsc_0892

登って降りてくる人に

何度もあった。

林の中の急な山道を登った。

半分の所に、休む場所があった。

岩の上に、ピーナツがたくさん置いてあった。

先に登った人が、鳥用に置いて行ったようだ。

鳥たちが集まってきていた。

ヤマガラ

3dsc_0906

ゴジュウカラ

4dsc_0921

仲良く

5dsc_0933

コガラ

51dsc_0925

驚くほど人に慣れていた。

水沢山登山の常連の方の話によると

冬期、ここでは餌やりをしているとのこと。

その方に勧められて

けいこさんがピーナツを掌に乗せたら

ヤマガラが咥えて飛んで行った。

ゴジュウガラを間近に見られて

happyだった。

周りに雪が少し残っていた。

滑らないように慎重に登った。

6dsc_0940

1時間40分ほどで頂上に着いた。

頂上からは360度眺められた。

谷川岳方面

8dsc_0961

相馬岳方面

7dsc_0957


9dsc_0963

前橋方面はもやっていてはっきりしなかった。

利根川の川面が光っていた。

91dsc_0946

山頂で軽く梅ジャムパンを食べて

戻った。

石仏が並んでいた。

12dsc_0974

麓近くになって

カワラヒワ

13dsc_0978

シジュウカラ

14dsc_0979

エナガ

15dsc_0984

に出会った。

10時20分頃、境内に降りた。

無事に下山できたので

鐘楼に登り、鐘を1撞き鳴らした。

ゴオーーーーーン

10時30分、駐車場に着いた。

振り返ると

水沢山

16dsc_0987

帰りの道すがら

ハシビロガモのいた貯水池に寄ったが

氷が張り、鳥は1羽もいなかった。

次に以前タゲリがいたところに

行ってみた。

ゆっくり車を走らせた。

しばらく行くと

1羽のタゲリが食事中だった。

車の中から眺めることができた。

11dsc_0996


12dsc_0998


14dsc_1009

少し離れたところにもう1羽いた。

久しぶりにタゲリが見られて

happyだった。

11時30分に家に着き、

昼風呂に入り、汗を流した。

体重が72.2キロだった。

happyだった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

新年会 TKRの会

会場 市内の寿司店

時間 11:00~14:00

参加者 30人

年配者の多い会で

わたしが一番若かった。

隣の席のTさんは榛東村の出身の方で

ジラード事件のことを聴くことができた。

大学の先輩だったので

知っている教授の思い出話に花が咲いた。

アコーデオンをひいたKさんは

第16回の国民文化祭の時、

合唱の祭典での作詞部門で

最優秀賞を取られた方だった。

市役所での表彰式でお見受けした以来だった。

因みにいちじんは佳作だった。

その話をしたら、賞金が5万円だったとのこと。

わたしはその時の賞金1万円を

まだ使わずにいたことを思い出した。

Kさんは余興で手品をしたが

それは見事だった。

最後にSさんが立って話した内容には

驚いた。

下小鳥の首塚の謂われの詳しい紹介だった。

古文書を読み解いているとのことで

説得力があった。

そこで、

わたしは

首塚の碑を建てた人を主人公にした

小説「櫻樹の塚」を

たなか踏基氏が最近出版したことを

付け加えた。

咄嗟のことだったので

肝心の真塩紋弥の名前が出てこなかった。

そこでSさんの住まいを伺ったところ

同じ町内だったので

後日、訪問することにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痛風と尿酸値

過日、知人と話していて

痛風の話題になった。

以下は

http://www.wakunaga.co.jp/health/success/05.htmlから引用

尿酸値の数値

  対処法                        

7.0mg /dL 以下   正常値。今後も正しい生活習慣を
7.0~8.0mg / dL   イエローカード。生活習慣の改善を
8.0~9.0mg / dL   専門医に受診し、生活習慣の改善を
9.0mg / dL以上   レッドカード。ただちに専門医の受診を

 平成20年4月から「特定健康診査」の実施が始まりました。

 痛風発症のリスクの目安になる血液中の尿酸値もこれで分かります。

 痛風は、肥満との深い関係も指摘されている生活習慣病です。

 自分の尿酸値を知り、早 めに適切な対処をしましょう。

わたしはリタイア後、

1~2ヶ月ごとに、血液検査をして健康状態を

チェックしている。(昨年の後半から、2カ月に1回となった)

それらの検査表の尿酸値をざっと眺めてみた。

体重の変化

23年  自由奔放な食生活で86キロになる。

24年  14キロダイエットを成就した。(ビールを辞め、焼酎に)

25年  72~74キロを維持に努めた。

26年  3キロダイエットに挑戦中(目標70キロ)

尿酸の変化

23年  2月 7.8  3月 7.0  4月  7.6  5月  8.9   6月 6.6

     7月 6.5  8月  5.8  9月  ---

    10月 5.6  11月 5.9 12月 6.7    

24年  4.8~6.3

25年  5.3~6.3

評価

23年  5月に8.9まで数値が上がっているが、6月に6.6と

     急激に落ちた。これは投薬によるものと思われる。

     次回の診察の時に投薬の期間を確認したい。

24年  に至っていない。

25年  に至っていない。

結論 今後の生活の仕方

アルコールは焼酎なら良いと思っていたが

このドクターによると

アルコールを控える

ビールだけでなく、焼酎なども尿酸値を上げます。
アルコールそのものが、体内の尿酸量を増やし、
尿酸を排泄する機能を低下させるからです。

依って、毎晩の焼酎を控えるように心掛けよう。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

韓国併合

先日、ある所でのこと。

韓国に行ったら、

まだ日本語が話せる人がいたという話題から

日本は朝鮮半島をどのくらいの期間

占領していたかという話題になったが

誰も正確な期間を言えなかった。

そこで調べることに

韓国併合

1910年(明治43年)~1945年(昭和20年)

何と35年間、

この期間、日本語の教育が朝鮮半島で行われたのだ。

いちじんたちの世代の父母たちのほとんどが

生まれた時から

朝鮮半島は日本の支配下であったのだ。

そういう中で父母たちは成長してきたのだ。

1948年(昭和23年)

7月 いちじん誕生

8月 大韓民国成立

9月 朝鮮民主主義共和国成立

いちじんはこの年に生まれたので

このあたりの歴史に疎い。

この併合期間の朝鮮半島の人々の気持ちを

推し量るという教育がなされず、

がむしゃらに

アメリカに追いつけ

追い越せの

高度経済成長を推進する教育が行われてきた。

一時はアメリカを追い越したようなつもりになったこともあったが、

今ここにきて

中国に、韓国に、

日本は追いつかれ、

追い越されようとしている。

国力を持つと自国の勢力を外へ広げようとする機運が高まるのが

歴史の法則で

そこここにその症状が現れ出した。

何ということだ。

提案

両国が自分の土地だと主張する地域を

共有地にしたらどうだろうか。

自然保護地で

そこでは経済活動はしてはならない。

両国で宿泊施設を設け

両国人が自由に自然散策ができるようにする。

いわば、緩衝地帯だ。

歴史をずっと辿っていけば(縄文時代くらいまで)

そこは誰の土地でもなかったのだから・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

散髪

髪も髭も大分伸びたので

行きつけの近所の理髪店に行った。

「髪を石原裕次郎カットに・・・」と言ったら

ちょっとイメージが湧かないとの返事だったので

いつもの髪形に。

髭は、1センチの長さにしてもらった。

この理髪店には

市民演劇の桃子役のご主人も来ているので

芝居の話で盛り上がった。

さて、髭だが

今回は、どうしたものか?

まだ、

I couldn't decide.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

新年会 市民演劇の仲間4人

会場 俺のそば

時間 19:00~21:30

鍋を囲んで

蕎麦湯割りの焼酎を飲みながら

語り明かした。

それぞれが自分の思いを

話した。

いろいろ参考になった。

蕎麦湯割りの焼酎は初めてだったが

コクがあって、暖かくて飲みやすかった。

鍋も味付けが程良い塩加減で

美味かった。

帰りは、歩いて帰ったが

40分で家に着いた。

寝る前に体重を計ったら

なんと74.7キロ、

朝(72.9キロ)より1.8キロ増えていた。

トホホホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うたごえ喫茶「青春」にて 練習第21回

舞台稽古

13:00~17:30

課題

1場 セリフ③のタイミングがずれ、パニック。

1場 チーズケーキの扱いに手間取った。

3場 セリフ③と④の間、時計を気にする動作を忘れた。

9場 大切なセリフ⑦を忘れた。

集中していないから

このような失敗を犯してしまったのだ。

毎回反省ばかりで・・・

次回こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

my diary

I bought a new textbook for English conversation.

This book has very easy sentences.

I must learn easy sentences.

We will go to Hokkaidou at the end of the month.

We will see drift ice on the Abashiri coast.

We will go on board an icebreaker.

I want to see an eagle.

オジロワシ Whight-tailed Eagle

オオワシ  Steller's Sea Eagle

Steller       1709-1746   ドイツの自然主義者

named ○○○ after Steller     ステラーの名前を取って○○○

Orion       オリオン座

dipper    ひしゃく

below        下に

sang a song    歌を歌った

travel agency     旅行社

naughty         いたずら好き

terrible twos   うるさい2歳児

Japanese archery    弓道

茶の味 DVD     Surealism    ダリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

新年会  でかんしょ合唱団

でかんしょ合唱団の新年会

会場 オリーブ(井野駅西口前音楽レストラン)

時間 18:00~20:00

駐車場が狭いので

駐車場係をしたが

風が冷たかったことこの上なかった。

初めてのお店だったが

店内が明るく、

食べ物も飲み物も美味しかった。

余興で

Sさんがテナーサックスを。

けいこさんがピアノで

「エリーゼのために」を

滞りなく演奏した。

1dsc_0871

アンコールに応えたまでは良かったが

ちょっと準備不足が否めなかった。

最後に

2月2日(日)に高崎市文化会館で行われる

「高崎・安中地域文化フェスティバル」で

歌う5曲を全員で歌った。

アルコールが入っていたので

いつもより気持ち良く歌えた。

当日は、高崎市民音楽連盟の代表で

「でかんしょ合唱団」が歌うとのこと。

皆さんお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辛み餅

ミニ菜園のダイコンを2本引き抜いてきた。

スーパーで売っているものに比べたら

半分だ!

10dsc_0850

でも

小さくてもダイコンはダイコン。

昼食は辛み餅。

大根おろしをしてから

餅をレンジで温め、

それを

大根おろしの中に入れて

食べた。

ちょっと搗きたての餅とまでにはいかなかったが

美味だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五分の虫、一寸の魂

著者 松下竜一

鶴さんにこの文庫本「五分の虫、一寸の魂」を

いただいて読み始めた。

一昨年の10月だった。

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2012/10/post-7c08.html

ところが、しばらくしたら行方不明に・・・

いくら探しても見つからない!

初版本、しかも松下さんのサイン入りの貴重本。

アマゾンで見たら1100円~1500円の値段が付いていた。

半ば諦めていたら

昨年の暮の大掃除に出現。

入っているはずが無い紙袋の中から

出てきたのだ。

しおりの入っていたところから

読み出し、今日読み終えた。

凄い本だ。

良い本だ。

鶴さんに感謝。

これからは、行方不明にならないよう

本箱に収納だ。

帯の言葉

珍無類、捧腹絶倒の大作戦ーーー。

憲法私権拙を掲げ、

牢固とそびえる支配の法理に、

濫訴の弊をもって挑む豊前義士の闘いを、

戯作の筆法でユーモラスに描く。

ランソの隊長・松下竜一奮戦記。

解説・佐高信

この解説の最後に

「暗闇の思想を」と

「明神の小さな海岸にて」を

併せ読むようにとある。

松下竜一「豊前三部作」とのこと。

わたしは、この「五分の虫、一寸の魂」を読んでいて

「砦に拠る」を読みたいと思ったので

ネットで検索したところ

ネットで直接読めることが分かった。

時間を作って読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

新春の集い

高崎演劇鑑賞会の第2回「新春の集い」

会場 労使会館

時間 14:00~16:00

プログラム

1 2014年例会の作品紹介

事務局長が当会のおおまかな歴史と

今年の上演される演劇の説明をした。

2 うたごえ喫茶

高崎演鑑バンド(4人)の伴奏で

12曲歌った。

アザミの歌の時、マイクが来たが

少し外した。

市民演劇で歌う曲は丁寧に歌った。

青い山脈、赤とんぼ、カチューシャ、ともしび、

忘れな草をあなたに、今日の日はさようなら

3 バザー

市民演劇に使えそうな珈琲セット、

自分用の古本2冊、

家庭用のラップ2本、ノンアルコールビール6缶を

ウソのような値段で購入、

帰りにお土産までもらって帰ってきた。

昨年はスタッフだったが

今年はまるっきりお客さんだった。

スタッフの皆さん

お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吾妻山(初ハイク)

06:00 自宅発

07:10 吾妻公園駐車場発

左女坂、右男坂、

けいこさん、何と男坂を選択!

1dsc_0762

トンビ岩からの東京方面

2dsc_0764

08:10 吾妻山着

富士山が見えた。手前は阿左美沼。

3dsc_0772

頂上は481m

4dsc_0775

08:20 吾妻山発

08:30 女山経由

8dsc_0780

袈裟丸山方面

5dsc_0777

宮本町方面へ降りた。

7dsc_0783

10:00 吾妻公園着 休憩

10:30 吾妻山駐車場発

出会った鳥

ヒヨドリ

カケス

キジバト

コゲラ

ヤマガラ

ジョウビタキ

11dsc_0792

ホオジロ

12dsc_0798

ウグイス

13dsc_0805

シメ

14dsc_0809

エナガ

15dsc_0826

キセキレイ

17dsc_0839

声を聴いた鳥

アカゲラ、シジュウカラ

13種類

11:40 蕎麦屋「樹庵」着 昼食

19dsc_0846

18dsc_0842

落ち着いた店で

蕎麦が美味しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

中央公民館定期利用団体

26年度の説明会

会場 中央公民館ホール

時間 9:30~12:00

申請書の書き方は昨年とほぼ同じだった。

その後

7人ずつのグループに分かれて

①楽しかった活動内容は

②より多くの人に広げるには

③新しい文化活動を創造するには

という課題に沿って話し合いを行った。

わたしのグループは

書道、尺八、退職者団体、料理、エッセイ、ハングルの

6グループだった。

それぞれ会の現状を知ることができた。

①②③の話し合いの後、

グループの代表が発表した。

わたしは自分のグループで話し合われた内容を

まとめて発表した。

①定期利用団体の研修旅行、各会の研修旅行。

②入会希望の人に対する受け入れ態勢を会の方で準備する。

③ーーー

③については

自分たちが楽しむだけでなく、

他の人たちのために活動していく。(ボランティア活動)

市民を巻き込む活動を組む。

という意見が出た。

各グループから活発な意見が出されたので

有意義な時間を過ごすことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

新春シューベルティアーデ

愛と希望のコンサート VOL.3

会場 高崎シティギャラリー コアホール

時間 19:00~21:00

プログラム

美しく青きドナウ J.シューベルト

 水谷、筒井、加藤、中田

四季より「冬」  A.ヴィヴァルディ

 水谷、筒井、加藤、中田

弦楽三重奏曲第1番変ロ短調 F.シューベルト

 水谷、加藤、長瀬

歌曲「ます」(弦楽四重奏版) F.シューベルト

 水谷、筒井、加藤、長瀬

休憩

弦楽五重奏曲ハ短調D.956  F.シューベルト

 水谷、筒井、加藤、中田、長瀬

水谷さんのヴァイオリンは見事だった。

紅一点の筒井さんはアップの髪形で

色を添えていた。

加藤さんのヴィバルディの冬の解説は

詩の朗読を取り入れた素晴らしいものだった。

中田さんと長瀬さんのチェロは

とても安定した演奏だった。

客席は9割くらい埋まっていた。

東北大震災のチャリティーの3回目とのことなので

良かった。

けいこさんの

ピアノ仲間「アルペジオ」のTさん夫妻と

オカリナ仲間のSさん夫妻が

来場していた。

このコンサートを紹介してくれた

Tさんは体調を崩し、来られなかった。

会えなくて残念だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タカタイ

1月10日版 8ページ

高崎市民演劇が紹介された。

2つの世代

芝居で一つに

懐かしい曲で物語

というタイトルで

写真入りだった。

UさんとIさんの姿が鮮明に写っていたが

わたしは画面の外だった。

なかなか丁寧な記事だった。

残りのチケットもこの記事で

売れることだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

多事日

09:30~11:30 陶芸教室

 抹茶茶碗に挑戦

 1作目、粘土が軟らかすぎて形が崩れてしまった。

 2作目、硬めで作ったが高台が低かった。

12:00~13:30 陶芸教室新年会

 会場は近くの和食レストラン

 参加者 10人(男性4人、女性6人)

 先生は欠席 

14:00~16:30 ブナの会

 会場 自宅

 参加者 4人

 話題 旅行、英会話、カービングスキー、ピアノ、

19:00~20:30 真緋の会

 会場 中央公民館

 参加者 4人

20:40~21:40 JJ&BB

 イベント情報

 その1

 1月17日(金)20:00~ 3000円(ワンドリンク、ワンフード)

 演奏者 森村恭一郎&キネヅカ倶楽部バンド

 その2

 1月24日(金)19:00~   3000円(飲料一品)

 九蔵寄席 演者 柳家紫文

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真緋の会 1月例会

Iさん 「災い転じて福となる」

白内障の手術をためらっていたが

友人の薦めで行った。

手術が成功し、

世界が明るくなり、

今まで見えなかった満天の星が

見えるようになった。

Oさん 「取り違え」

最近話題の産院での赤ちゃんの取り違え、

60年以上の前のことだが

どうして明らかになったのか。

裕福な家で育てられた人物が

遺産相続で欲をかき、3人の弟から訴えられたことから

取り違えが発覚したとのこと。

もし、この人物が弟たちに等分の遺産を分け与えていれば

この取り違えは表に出なかったかもしれない。

それにしても、貧しい家で育てられた人物は

育ての母に対して感謝し、病床の次兄を介護しているという。

この人物の誠実さと謙虚さが

事件の唯一の救いだ。

いちじん 「剪定」

ユズの木が6m以上も伸びたので

高い三脚を購入して

4m位に摘めた。気を付けて作業に取り組んだが

軽い傷を負ってしまった。

妻が危険なのを察して

近くで孫を遊ばせながら監視していた。

Mさん 「老いの年賀状」

70代になると届く年賀状に

老いの内容が多くなる。

働き尽くめから解放されたものの、

暇を持て余し、老いていく不安が文面から感じとれる。

自分は7年後の東京オリンピックまで

生きていけるのだろうかと不安に思うが

人として通る老いの道だから

辿るしかあるまい。

今月は、テーマ無しだったが、

病気からの快復(病)

病院でのアクシデント(生)

危険な仕事への注意(死)

老いへの不安(老)

で生老病死の内容だった。

2月のテーマは

「馬」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

うたごえ喫茶「青春」にて 練習第20回

通し稽古

15:00~16:40

1場

③ もたついた。

3場

① タイミングが悪い。

⑨ もう少し間をおく。

5場

① 遅い。

③ 遅い。

⑤ 初めの言葉が出なかった。

7場

③ セリフを忘れた。

9場

⑧ セリフを抜かした。

⑩ タイミングが遅かった。

セリフの言い出すタイミングが全体的に遅い。

誰の後にセリフを言うのかが分かっていないということに尽きる。

セリフの読みだ。

歌詞をまだ十分覚えていないので、時々声が消えてしまう。

歌う、歌わない、の差が大き過ぎた。

来週の舞台稽古までに

誰の次に自分のセリフを言うのかをマスターすること。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

テキスト

注文していた

「どんどん話すための瞬間英作文のトレーニング」が

届いた。

中1レベル 23章

中2レベル 34章

中3レベル 22章

まず、中1レベルに挑戦だ。

各章に10センテンスあるから

全部で230センテンスだ。

日本文を見て、その文を英語で言えるようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

my diary

I bought a long tripod the day before yesterday.

I trimmed gerden's tree yesterday.

Today is my grandchild's birthday.

He was born two years ago.

Ha is just two years old.

We went to meet my grandchild earlier evening.

We gave him pants.

We ate short-cake.

It was very delicious.

I want to buy a compact digital camera.

So I looked for a compact digital camera on-line.

I can't decide what to buy.

話題

先生

東北旅行(八戸、盛岡、仙台、松島 etc)

帆船(支倉常長)、

ヴァティスタ号
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E5%8F%B7

ハチドリ(ニューメキシコ州)

小泉八雲、耳なし芳一

童話、桃太郎、青虫(The Very Hungry Caterpillar:はらぺこ青虫)

K氏

生家への年賀

これからの抱負 confidence, hope, plan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孫3の誕生日

今日は孫3の2度目の誕生日。

子2の出勤時刻が早いので

けいこさんは4:30に起きて

赤飯を炊いた。

6:00頃

重箱に出来立ての赤飯を詰めて

子2の家へ持って行った。

孫3はまだ寝ていて起きてこなかった。

1dsc_0741

夕方

孫3の誕生日プレゼントを持って

子2の家に行った。

子2は帰宅が遅いので

5人(子2の妻、孫1、孫3、いちじん、けいこ)で

ショートケーキを食べた。

孫3が喜んで

ケーキを食べた。

2dsc_0754

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

剪定

我が家の庭の

ユズの木が6mにも伸びてしまった。

放っておくと更に伸びる気配だ。

そこで、ユズの木を摘めることにした。

量販店で昨日、一番高い(3.8m)三脚を買った。

マイカーには積めないので

店の軽トラックを借りて運んだ。

午後、三脚の使い初め。

「上から4段目まで足をかけて良い」と

注意書きがあったのでそれを守って

作業をすることにした。

作業をしていて横に倒れることのないように

三脚をユズの木に向かって立てた。

上から4段目の展望は高い!

視線は4mを超える。

下から孫2が見上げていた。

キリンになったような気がした。

鋸で4m位の高さで枝下ろしをした。

ユズの木は鋭い棘が多い。

まだ、2~3本残っているが

15:30に止めた。

怪我をしないように剪定をしたつもりだったが

終わって手袋を外ずしたら

両手首に数か所赤い傷がついていた。

それを見たら

急に痛み出した。

今日は3脚から落下することなく

無事作業ができた。

何があるか分からないからと

けいこさんは離れたところで

孫2と遊びながら

木の上のわたしを監視していた。

Cocolog_oekaki_2014_01_06_22_46

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

今年の目標

年賀状に今年の目標を

1 ネパール(カラパタール5545m)

2 英会話の向上

と書いた。

その目標を達成するために

具体目標を考えた。

1に関して

①山登りの体は軽い方が良い、

 よって、体重を70キロまで落とす。

 今夜、74.3キロなので

 約4キロの減量だ。

②事前に3000m級の山に登る。

2に関して

①テキストを変える。

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)」

  http://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%A9%E3%82%93%E8%A9%B1%E3%81%99%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E7%9E%AC%E9%96%93%E8%8B%B1%E4%BD%9C%E6%96%87%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E6%A3%AE%E6%B2%A2-%E6%B4%8B%E4%BB%8B/dp/4860641345/sr=1-2/qid=1167654537/ref=sr_1_2/503-7753519-7348718?ie=UTF8&s=books#reader_4860641345

 今日、このテキストをアマゾンで注文した。

②基礎英語の時間を確保する。

 今まで15分間→今年から30分間

③中学校レベルの英文法と音読を

 マスターする。

④NHKのゴガクルを活用する。

http://gogakuru.com/mypage/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

石山修武氏の退官記念シンポジウムの知らせ

暮れに

早稲田大学の石山研究室から

往復はがきの案内状が届いた。

石山修武研究室を閉じるにあたって

シンポジウムを行うとのこと。

日時 2014年3月30日(日) 14:30~18:00

会場 大隈講堂

主題 「これからのこと」

出演 安藤忠雄、石山修武、磯崎新、

    鈴木博之、中川武、難波和彦

安藤忠雄 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E5%BF%A0%E9%9B%84

石山修武 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B1%B1%E4%BF%AE%E6%AD%A6

磯崎新  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A3%AF%E5%B4%8E%E6%96%B0

鈴木博之 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E5%8D%9A%E4%B9%8B

中川武  http://www.arch.waseda.ac.jp/950/

難波和彦 http://www.kai-workshop.com/

わたしと石山氏との出会いは

赤城山の小沼だった。

数年前、ネパールに行くので足慣らしに行って

たまたま出会ったのだ。

石山氏からネパールの旅のサジェスチョンを

もらったのがきっかけで

彼のHPで彼の生き方を知ることになった。

このHPが凄い。

自分の仕事を逐一記録しているのだ。

どれだけ細かいと言うと

小沼で私たちに会ったことまで記録しているのだ。

その時の石山氏の記録について(2009.9.19)

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2009/10/post-bd7e.html

石山氏の小説を取り寄せて読んだら

退官後、ネパールのキルティプルで一人暮らしをするという

未来小説だった。

そんなことで

2回目のネパールに行った時には

そのキルティプルがどんな街なのか確かめるために

歩いたのだった。

暫らく石山氏のHPをお気に入りに入れて

読んでいたのだが、

PCが不調になり新しい機種に変えた時

石山氏のHPを移すのを忘れてしまっていた。

今回、シンポジウムの案内状をもらって

改めて石山氏のHPを

お気に入りに入れた。

相変わらず、記録を綿密に行っていた。

傑出した現代の建築家「石山修武氏」の仕事を

お読みいただければ幸いだ。

今日、シンポジウム参加希望のハガキを

投函した。

石山修武 世田谷村日記

http://ishiyama.arch.waseda.ac.jp/www/jp/top.html#nikki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

寝正月

この三が日、駅伝を見ながら

年賀状を書いていたら

体重がトンデモナイ数値になっていた。

76.1キロ。

目標が72キロだから

4キロオーバーだ。

原因

暮れに風邪をひいて体調を崩し

あまり食べられなかった。

正月になって食べられるようになったので

体力をつけようと

積極的に食べてしまったのだ。

体力が戻ったので

明日からまた減量に励もう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

新年会 2日会

高校時代の仲間の新年会

会場 市内の居酒屋

時間 17:00~

参加者 17人

予想以上に集まった。

それぞれが近況報告

65歳を通過したので

第2の人生の決意を語る仲間が

多かった。

わたしはリタイアして5年目

趣味は片手を上回るが

皆、中途半端だ。

今年の目標は「カラパタール」と言った。

自分に言いきかせるために・・・

T氏

このブログを

毎回見ていてくれるとのこと。

H氏

高崎市民演劇3回目を見に来ていたとのこと。

そして、今回のわたしの相手役と

親戚だった!

K氏

外国人に日本語をボランティアで教えているとのこと。

高校時代、合唱団だったというので

我が合唱団に誘おうとしたら住まいが

東京だった。

S氏

正月(1月6日)から市内で

「高崎学びの森」を立ち上げるとのこと。

メニュー

 陶芸教室

 動物愛護

 ヨーガ教室

 英数ゼミ

 プログラミング

 囲碁道場

と間口が広く、一大事業だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサート

NHKEテレ

19:00~22:00

楽友協会からの生中継があった。

2011年の3月後半、

楽友協会でウィンフィルの演奏を聴いたが

その時の指揮者がダニエル・バレンボイムだった。

番組表を見たら

今夜も指揮者は

ダニエル・バレンボイムだった。

2011年の時は表情は見えなかったが

今夜は彼の表情がよく見えた。

「美しく青きドナウ」は良かった。

最後の「ラデツキー行進曲」は

指揮をしないで

団員一人一人と握手をするパフォーマンスを

して見せた。

2011年のウィーンフィル体験

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2011/03/post-78af.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実業団駅伝

9:20

いつものところより

市街地方向へ歩いていくと

甘酒を無料で振舞っている食堂があった。

甘酒を味わって暫らくしたら

広報車が来た。

11dsc_0714

第2区間は外国人走者可能区間、

今年も外国人が多かった。

12dsc_0719
(1位、2位、3位争い。3人とも空中を飛んでいる!)

カメラを構えていたので

1位がどこのチームなのか分からなかった。

ガンバレ!

ファイト!

声を掛けたが

あっという間に

選手たちは通り過ぎてしまった。

午後

年賀状の返事を書きながら

実業団駅伝観戦。

1位は昨年と同じ

コニカミノルタだった。

明日は

箱根駅伝だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »