« 松下竜一さんの短歌が・・・ | トップページ | Sさん、ありがとうございました、さようなら!  »

2014年2月20日 (木)

高崎演劇鑑賞会 第354回例会 音楽劇 わが町

会場 高崎市民文化会館

時間 18:45~21:30

音楽劇「わが町」

俳優座劇場プロデュース

ソーントン・ワイルダー作

この作品は1938年(わたしが生まれる10年前)に

アメリカで初演されて以来、

今も、世界で上演され続けているという。

1部は日常生活

2部は結婚式

3部は墓地

だった。

音楽劇というもので

歌によってストーリーが展開されていった。

3部の死者から

今、生きている人たちへのメッセージソングが

圧巻だった。

宇宙の歩みから見れば

人の一生はほんの僅かな時間。

なのに人は日々の些細な出来事に

悩み、恨み、怒り、・・・

生きている。

そのことを自覚したら・・・

というのがテーマのように思われた。

久しぶりに心を揺さぶられた芝居だった。

ユーチューブ わが町

http://www.youtube.com/watch?v=GFpxYtRI82o

|

« 松下竜一さんの短歌が・・・ | トップページ | Sさん、ありがとうございました、さようなら!  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/59170148

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎演劇鑑賞会 第354回例会 音楽劇 わが町:

« 松下竜一さんの短歌が・・・ | トップページ | Sさん、ありがとうございました、さようなら!  »