« 柿の実攻防戦 | トップページ | 雨水 »

2014年2月18日 (火)

羽の裏が白いカラス

羽の裏が白いカラスがいたので 

日本野鳥の会群馬支部の掲示板に問い合わせた。 

その経過を以下にコピー

羽の裏が白いカラス  投稿者:いちじん 投稿日:2014/02/16(Sun) 06:38 No.7146

2月15日16:30、野鳥の会群馬支部(200m北方)の近くでした。
2羽のカラスが鉄塔の上部近くにとまりましたが、
その1羽の羽の裏が
羽を広げた時、
羽裏が帯状に白かったのです。
撮影しようとしたら、飛び去ってしまいました。
図鑑を調べたのですが、
裏羽が白いカラス類は見当たりませんでした。

仮説1 雪の反射で白く見えた。
 夕方で、曇っていた。もう一方は黒かった。
仮説2 アルビノの1種。
 羽裏の一部が白化した個体なのか。
仮説3 コクマルカラス。
 ハシボソガラスくらいの大きさに見えた。

どなたか教えてください。

Re: 羽の裏が白いカラス  rosefinch - 2014/02/16(Sun) 20:43 No.7155
いちじんさんへ

消去法で行くと、
①もう一方は黒く見えたので、やはり1羽は白かった
②コクマルガラスは、ハシボソガラスより小さい
となると、一部白化のアルピノということになりますね。
是非また探してください。
楽しみに待っています。
又、最近ミヤマガラスも進出してきている様ですので、注意して見て欲しいと思います。

Re: 羽の裏が白いカラス  五度圏のおじん - 2014/02/17(Mon) 22:39 No.7158
 いちじん様
 かなり前の話で恐縮です、群大医学部の野鳥同好会の女子学生から、当時、野鳥病院の担当者 横堀さんに 翼の一部が白いカラスと思われる鳥が、学内で保護されたので、取りに来て欲しい、と連絡が有り、預かった事があります、
 個体の様子は、初列、次列風切羽及び 大雨覆羽の3分の1位が白色でした、(写真を撮ったのですが見つかりません)種は「ハシボソガラス」で若鳥、と横堀さんは判定致しましたが直ぐに死亡してしまいました、参考になりましたでしょうか。

Re: 羽の裏が白いカラス  ヨタカ - 2014/02/18(Tue) 15:28 No.7183
いちじんさま

 風切りの羽弁が部分的に失われ、その部分が羽軸だけになっていて、飛んだときに白い帯状に見えるカラスを何度か見たことがあります。なぜ羽がそんな風にボロになるのかはよく分かりませんが、そんな個体であった可能性もあるかもしれません。

Re: 羽の裏が白いカラス  いちじん - 2014/02/18(Tue) 22:07 No.7196
rosefinch 様、五度圏のおじん 様、ヨタカ 様、
裏羽に白い帯状があるカラスについてのご見解を
ありがとうございました。

今回の場合、ヨタカ 様の
「風切りの羽弁が部分的に失われ、その部分が羽軸だけになって」という
ご見解が最も近いと思われます。
今後も、「ああ、カラスか」と思わないで
しっかり、観察していきたいと思います。

|

« 柿の実攻防戦 | トップページ | 雨水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/59160220

この記事へのトラックバック一覧です: 羽の裏が白いカラス:

« 柿の実攻防戦 | トップページ | 雨水 »