« 第8回 Team Forest 写真展 | トップページ | お彼岸 »

2014年3月19日 (水)

五料沼のヒレンジャク

前橋市東大室の五料沼に

ヒレンジャクが来ていると言うので

15:30頃出かけた。

北風の中、ヒレンジャクが梢に止まっていた。

20羽以上いた。

久しぶりの対面だったが

薄曇りで色はクリアではなかった。

数羽が沼の岸辺に降りた。

水を飲み終えるとまた戻ってきた。

初めて見たと言う人に

ヤドリギの実を食べ、

そのネバネバした糞が木にまとわりついて

その種から芽が出ると説明した。

すると、桜によく見られるのは?

と言うので

それはヤドリギではなく

病気で枝が増えているのではないかと思うと

付け加えた。

その後、沼の東の方へ行ったら

桜の木にたくさんのヤドリギが付いていた。

しまった!

画像処理ソフト不具合のため

画像は後日アップ予定。

|

« 第8回 Team Forest 写真展 | トップページ | お彼岸 »

コメント

いちじんさんこんにちは

 サクラの木に着く病気は「てんぐす病」というので病原菌はカビで葉が開いた頃に葉の裏が白くなるのがそのカビです。ソメイヨシノが出易く花が咲かなくなってしまった木もあります。

 この病気はモミの木にも出ますが同じ菌なのか別種の菌なのか分かりません、この上にクマタカが営巣する事がありますがイヌワシが営巣するのでてんぐす病というのかどうかは分かりません

投稿: 群馬の山さん | 2014年3月20日 (木) 10:07

桜の木に枝が密生しているのを
よく見かけます。
てんぐす病というのですね。

 てんぐ=イヌワシ
 す=巣
なるほど!面白いですね。

次からはサクラには
①ヤドリギ
②てんぐす病による枝の密生
の両方があると
説明したいと思います。

いつもありがとうございます。
 

投稿: いちじん | 2014年3月20日 (木) 17:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/59322993

この記事へのトラックバック一覧です: 五料沼のヒレンジャク:

« 第8回 Team Forest 写真展 | トップページ | お彼岸 »