« いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 1日目 | トップページ | ヤマウド »

2014年4月29日 (火)

いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 2日目

ワークショップ2日目

早朝、伊参スタジオの東の方へ

散歩に行ったら

Dsc_0469


Dsc_0478

「ニョイスミレ」かと思ったが

葉が丸くて、尖っていないので

Dsc_0474

ぬかるみにシジミチョウ

Dsc_0489

校舎の裏庭に

Dsc_0508

朝食もボリュームがあった。

Dsc_0513

貸し切りバスに乗り、

「スミレサファリ」の開始

Dsc_0527


Dsc_0528


Dsc_0536


Dsc_0548


Dsc_0557


Dsc_0574

杉林が丸坊主になった山肌に咲く

スミレを探した。

Dsc_0575

最も美しかった。

Dsc_0607

お目当てのすみれを求めて

こんな急斜面を

Dsc_0644


Dsc_0651


Dsc_0655

昼食をこの斜面で摂った。

Dsc_0656

環境に配慮して

急な斜面を

一人ずつ順番に観察・撮影することに・・・

しばらく待機していて

やっと私の番になった。

さあ、ゲンジスミレだと

動き出した途端

バランスを崩してしまった。

無意識に山側の木に掴まった。

ところが

その木が枯れ木!

ポキッと足元から折れてしまった。

一瞬、身体が宙に浮いた。

滑落だ!

幸い、谷側に木があったので

その木に身を預けた。

 
Dsc_0672


Dsc_0693


Dsc_0702

蛾と思っていたら

セセリチョウだった。

Dsc_0707


Dsc_0712

道の駅「たけやま」に

群生していたスミレには驚いた。

Dsc_0717

伊参スタジオに帰ってきて

いがりさんに宿泊できる車を

見せてもらった。

そしてお別れした。

Dsc_0729

スミレサファリは

無事終了。

とは言うものの

1日目に

枯れた栗のイガに手を着いて

数本棘が指に刺さってしまった。

1本がどうしても抜けなくて

そのまま帰宅した。

まだ、痛い。

5月1日の早朝

針で棘を突いて取ろうとしたが

なかなか取れない。

血が滲んでしまったので

口で吸ったら

棘が漸く出てきた。

|

« いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 1日目 | トップページ | ヤマウド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/59560816

この記事へのトラックバック一覧です: いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 2日目:

« いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 1日目 | トップページ | ヤマウド »