« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月11日 (日)

お知らせ

今日で、

このブログ「いちじんの雑記帳」は終了します。

明日からは

「いちじんの雑記帳(2)」に

書きますので

こちらをご覧ください。

「いちじんの雑記帳(2)」

http://gomangoku.cocolog-nifty.com/blog/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィーンの会

会場 前橋駅近くの居酒屋

時間 18:00~21:00

メンバー 2011年と2013年に一緒にウィーンへ行った仲間 14人

食事をしながら

近況報告を話し合った。

わたしは

「先程、でかんしょ合唱団のコンサートで

『ウィーンわが夢のまち』を歌ってきましたが、

その日にウィーンの会で飲めるとは最高です」

と言った。

飲み放題だったので

イモ焼酎を飲み過ぎてしまった。

反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でかんしょ合唱団 記念コンサート

会場 高崎市中央公民館 視聴覚室

時間 14:40~15:30

高崎ユネスコ協会通常総会終了後のアトラクション

プログラム

1 ミサ曲 Gloria

2 混声合唱のための童謡メロディー『いつの日か』より

 しゃぼん玉

 ゆりかごのうた

 どんぐりころころ

 みかんの花咲く丘

 汽車のうた

3 混声合唱のための『ホームソングメドレー』より

 ローレライ

 野ばら

 ウィーンわが夢のまち

4 一緒に歌おう

 夏の思い出

5 混声合唱のためのコンポジション『南へ』より

 五木の子守唄

6 でかんしょ愛唱曲

 若返りの水

 ラ・ノビア

 My Way

白の上着、グリーンのネクタイ、黒のズボンと靴で

歌った。

いつもは前列で歌っていたが

今日は後列で歌ったので

歌いにくかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

水沢山

水沢山のスミレ

タチツボスミレ

ニョイスミレ

スミレ

フモトスミレ

フイリフモトスミレ

エイザンスミレ

アケボノスミレ

ニオイタチツボスミレ

アカネスミレ

シロスミレ(アケボノスミレ)

野草

サンキライ

チゴユリ

ユキザサ

クサタチバナ

ミヤマナルコユリ

ナルコユリ

テンナンショウ マムシグサ

ホウチャクソウ

姿を見た鳥

ヤマガラ、イワツバメ、シジュウカラ、コガラ、トビ

声を聴いた鳥

センダイムシクイ、オオルリ、ツツドリ

8種

ミヤマセセリ、ヒオドシチョウ、キアゲハ

下山中、沼田にお住いのYさんに

野草の名前をいろいろ教えていただいた。

Yさんは戸神山に良く登っているそうで

Yさんが描いた頂上からの360度の展望スケッチを

見せてもらった。

頂上からは100座が見えるそうだが、

Yさんはほとんどの山を登られ、

まだ登っていないのは3山とのこと。

その展望スケッチを帰り際に頂いた。

凄い方に出会って

Luckyだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

大風の被害

ミニ菜園に行ったら

案の定

支柱をしていなかったキュウリが1本

根元から折れていた。

キュウリは幼苗だったので

支柱に縛り付けると痛みそうだった。

それで支柱を立てなかったのだ。

残念!

梅の若実がそれは沢山落下していた。

残念!

キンカンは完熟実が落下した。

残念!

キュウリの対策

 風除け板で囲う。

梅の対策

 風除けは不可。

 枝を剪定して、枝同士が擦れ合って落下しないようにする。

金柑の対策

 もう熟してきたので収穫する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定期通院

15:10 病院着 

同級生たちが骨粗鬆症で

苦労している。

血液検査でその状態が調べられると

言っていたのを受付で思い出した。

そこで、その検査を加えて欲しいと要望したら

担当ドクターに問い合わせてくれたが

出来ないとのこと。

私の番が来たのでそのことを訊いた。

ドクター

「骨粗鬆症は血液検査では

調べられませんよ」

「同級生が調べられると

言っていたんですが・・・」

データーを見て

ドクター

「最近山に行ったですね」

「昨日、一昨日と近くの山に行ってきました」

「それでは、この高い数値はその影響と言うことで・・・

いちじんさんはいつも山登りで

骨に負荷をかけているから

骨粗鬆症は調べなくてもいいですよ」

今日は血圧が最良値だった。

最高血圧 122

最低血圧  82

脈拍数    65

昼寝してから通院したからか?

こんなこと珍しいことだ。

いつもの薬を2カ月分出してもらった。

ネットで調べてみた。

このことをしっかり押さえて

通院するべきだった。

骨代謝マーカー

http://www.iihone.jp/glossary/index.html#KOTSUTAISYAMA_KA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

真緋の会 5月例会

参加者 3人

テーマ 孫

いちじん 『長男の孫娘』

 3月末に甲府へ転居した長男家族。

 4月中旬、3歳になる孫娘に会いに甲府へ・・・

 市内にある動物園に孫娘を連れて行って

 日がな一日

 3.11の5日後に生まれた孫娘と過ごし

 その成長を見ることができた。

OMさん 『慌ただしい!』

 中学3年生と小学4年生の孫たちと同居。

 塾や医者、部活動等で忙しい孫たち、

 その孫たちの車での送迎を

 一手に引き受けて

 忙しい毎日を送っている。

 いつか孫たちが私の言動を思い出して

 優しい気持ちになってくれたら・・・と結ぶ。

 孫想いの爺の心の内がよく見えて

 素晴らしい。

Iさん 未提出

OFさん、Mさん 欠席

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋割山

スミレを探しに鍋割山に登ることにした。

箕輪の姫百合駐車場には数台の車が来ていた。

Dsc_1332

マルバスミレ

Dsc_1337

ヒナスミレ

Dsc_1348

カタクリ

Dsc_1382

名のごとく小さい

ヒナイチゲ

Dsc_1364

設置されていた温度計は

13C°

Dsc_1365

荒山高原から見た鍋割山方面

Dsc_1385

荒山高原から見た荒山方面

アカヤシオが咲いていた。

Dsc_1386

フモトスミレ

Dsc_1388

フイリフモトスミレ

Dsc_1440001

タチツボスミレ

Dsc_1402

ヒラツカスミレ

Dsc_1405

Dsc_1413

アカネスミレ

Dsc_1410

ニオイタチツボスミレ

Dsc_1419

ヒゴスミレ

Dsc_1426

アケボノスミレ

Dsc_1483

11:30 山頂は風が強かったので

少し戻って昼食にした。

Dsc_1464

ヒオドシチョウ

Dsc_1477

ミヤマセセリ

Dsc_1498

荒山の麓

Dsc_1512

アカヤシオ

Dsc_1531

Dsc_1520

オオカメノキ

Dsc_1545

姿を見た鳥

コゲラ、カケス(3羽)、ヒガラ

声を聴いた鳥

キビタキ、ヤブサメ、ウグイス、ゴジュウカラ、

7種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

モロコシ山

午後、モロコシ山へ行った。

車がキャンプ場の方から沢山降りてきた。

すれ違いざまに聞いたら

南雲小の

自然観察会があったとのこと。

登山者は誰もいなかった。

二人でゆっくりスミレを見ながら

登って行った。

○○○

Dsc_1205

エイザンスミレ

Dsc_1208

フイリフモトスミレ

Dsc_1215

Dsc_1221

ヒナスミレ

Dsc_1219

Dsc_1243

Dsc_1275

サクラスミレ

Dsc_1235

ウスバサイシン

Dsc_1246

ヒゴスミレ

Dsc_1256

ニオイタチツボスミレ

Dsc_1304001

アケボノスミレ

Dsc_1307

○○○

Dsc_1312

頂上へ行くまでに

7頭のヒメギフチョウに出会った。

画像に撮れたのは

ヒナスミレに吸蜜にやって来た5頭目からだった。

Dsc_1281

Dsc_1287

Dsc_1290

Dsc_1301

一瞬の出来事だった。

山頂に登って南面に降りてみたが

姫の姿はなかった。

再び風の全くない山頂に戻り、

甘夏を食べて下山した。

タムシバ

Dsc_1319

陽が傾き始めていた。

Dsc_1325

鳥は少なかった。

姿を見た鳥

ヒガラ

声を聴いた鳥

アカゲラ、ゴジュウカラ、キジバト、ヤマガラ、ガビチョウ

6種

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紙芝居の再生に感謝

高崎五万石騒動研究会の会員

Oさんの葬儀だった。

昭和7年生まれ、82歳。

高校の先輩だった。

Oさんは紙芝居の再生に尽力した方だったので

その紙芝居を式場入口に

置いてもらった。

4人の方の弔辞があった。

どれもOさんの人柄を彷彿させる

聴き応えのある立派な弔辞だった。

わたしはOさんが再生した紙芝居を

これからも機会あるごとに

上演していく約束をした。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

Lesson 1

Collocation   =   paired words

fast car   ○

quick car   ×

fast  人や物の速度が速い

quick 行動がすばやい   quick motion

Look out !  気を付けろ!

Watch out !  注意しろ!

Loose rock !   浮石

Whach your step !  Am

Mind your step !    En

Heads up !   頭上注意

rule of thumb    大雑把なやり方

There are 3 of us at this table.

4 of us went hiking last Friday.

I went hiking last Friday with 3 other people.

鼻曲山のハイキング

名前の呼び方

ジョセフ    ジョー

マーガレット マギー

トーマス    トム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落下

何が          私の身体

どこから        椅子

いつ          14:45

どうして        英会話のテキストを読んでいるうちに居眠り・・・

どんな姿勢で     左肩から床へ

どんな音        ドタン!

痛さ           左肩を骨折したかと思った

何回目         初めて

まだ、左肩が痛むが

折れていなそうだ。

テーブルからほんの少し離れて

腰かけていたのが

まずかった。

それにしても、

危険が

腰かけている椅子の上に

あったとは・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

苗の植え付け

ミニ菜園の近くのシャクナゲが

開き始めた。

Dsc_1167

インゲンとシュンギクが芽を出した。

インゲンを1本立ちにした。

Dsc_1171

スナップエンドウに

支柱を立てた。

Dsc_1175

曇り空だったので

昨日買った野菜の苗を植えた。

ナス    3本

Dsc_1172

キュウリ 5本

Dsc_1173

ピーマン 2本

トマト   1本

順調に生長してくれると

良いんだが・・・

昨日の強風で

梅の実が大分落ちていた。

去年作った梅酒が飲み頃になったので

夕食時

味わった。

色といい、味といい

中々のものだ。

Dsc_1178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

数独 かんぱい

5月3日の朝日新聞の数独

久しぶりに★★★★★だ。

夕食後、2枚コピーした。

片付けしているけいこさんを待っていられなくて

わたしの方が早く始めた。

アルコールが入っていたため

途中で矛盾が・・・

ご破算にしないで立て直して進めた。

後から始めたけいこさん

無言で・・・

わたしが7分目まで出来た時だった。

「できた」

とけいこさん。

わたしの途中までの数独を取り上げて

答え合わせを・・・

「ここまでは、合っているわよ」

わたしはそれから20分もかかった。

遅く始めて早く終わった

けいこさんに「乾杯」

早く始めて遅くまでかかった

わたしは「完敗」

メールで答を出しているが

当たったためしがないが

今回も出してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グリーンカーテンの準備

昨年はパッションフルーツをゴーヤの中に

入れたが、花が咲くまでにはならなかった。

そこで、今年はゴーヤだけの

グリーンカーテンにすることにした。

支柱の竹竿が古くなったので

近くの量販店へ徒歩で買いに行った。

4メートルの竹竿を5本担いで帰ってきた。

昼食をはさんで15時ごろ完成。

Dsc_1153


Dsc_1155


Dsc_1154

けいこさんが

「ミカンの蕾よ!」と言う。

植えてから3年目にして

ミカンになりそうな花が咲きそうだ。

楽しみが一つできた。

Dsc_1156

秩父の叔母からもらった

紅白のサクラソウが咲きそろった。

家の中とは反対に

紅花より白花の方が

勢いが良い。

Dsc_1161


Dsc_1163

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒカゲスミレ?

ヒカゲスミレの中に

スワスミレがあったと思っていた。

ところが

わたしたちがヒカゲスミレだと思っていたスミレは

葉が黒ずんでいた。

葉が茶褐色のヒカゲスミレは

タカオスミレと言うのだそうだ。

そこで

その画像を5枚

Dsc_0934

Dsc_0936

Dsc_0937_2

Dsc_0938

Dsc_0939

葉は茶褐色だ。

タカオスミレなのだろうか。

タカオスミレとなると

タカオスミレ×エイザンスミレ

=ハグロスワスミレとなる。

Dsc_0942_2

さてこのスミレ

何スミレなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

すわ大発見!

今日は初めて見たスミレがあった。

ヒカゲスミレが沢山咲いていた中に

けいこさんが

葉に大きなギザギザがある1株を

見つけた。

「何かしら?」

けいこさんが

いがりさんの図鑑で調べたが

見つからなかった。

「新種かも?」とわたし。

「それじゃぁ、ケイコスミレにしよう!」

ということで

そのスミレを丁寧に撮った。

Dsc_0940


Dsc_0941


Dsc_0942


Dsc_0943

エイザンスミレとの距離を測ったら

30メートル位離れていた。

帰宅して早速ネットで

ケイコスミレを

調べてみた。

「エイザンスミレ×ヒカゲスミレ」で検索した。

あった。

その名は

「スワスミレ」

ということで、

いがりさんの図鑑で再確認

変種と言う中に「スワスミレ」は

あった。

すわ大発見!

一巻の終わり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

窯出しコンサート

会場 佐藤烓陶房  倉渕村

時間 14:00~16:00

会費 500円以上のカンパ(上毛新聞社の愛の基金に寄付)

タイトル シンセサイザーの演奏会

演奏者 佐々木正人さん

曲目

 シルクロード

 サライ  

 南極物語

 地球

 シンセサイザーの曲

 祭り

 アンコール

 草原抒情歌

庭に並んだ作品群

Dsc_1112


Dsc_1113

これから佐々木正人さんの

シンセサイザーの演奏会を始めます。

Dsc_1118

その前に

佐藤氏がモーツアルトの

幻想曲を弾いた。

Dsc_1122

いよいよ

佐々木さんの演奏開始。

Dsc_1129


Dsc_1130


Dsc_1135


Dsc_1138

森の中の演奏会が

終わった。

Dsc_1143

客が帰った後、

風が吹いて桜吹雪が・・・

Dsc_1146

今度挑戦する見本の花瓶、

佐藤烓氏のオリジナル作品だ。

Dsc_1149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然観察 鳥 菫 蝶

姿を見た鳥

キセキレイ、ヒガラ、コガラ、カケス、ヒヨドリ、

声を聴いた鳥

ミソサザイ、オオルリ、ヤブサメ、アカゲラ(ドラミング)、ゴジュウカラ

コゲラ、ウグイス、アオバト、ツツドリ

14種

下山中、8合目頃

アオバトの声が3回聞こえてきた。

3合目あたりでは

ツツドリの声が何回も聞こえてきた。

ヒガラ

Dsc_0956


Dsc_0965

スミレ

ヒカゲスミレ

Dsc_0937

エイザンスミレ

Dsc_0955

マルバスミレ

Dsc_0972

アケボノスミレ

Dsc_0999

オトメスミレ

Dsc_0976

タチツボスミレ

Dsc_0963

タチツボとオトメが仲良く並んでいた。

Dsc_0979

Dsc_0980

ニオイタチツボスミレ

Dsc_1014

スミレサイシン

Dsc_1078001

フモトスミレ

Dsc_1050

チョウ

ミヤマセセリ

Dsc_1023

ツバメシジミ

Dsc_1085

ルリシジミ(或はスギタニルリシジミ)

Dsc_1090

○○○

Dsc_0990


Dsc_0994

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

井野川の鳥見

入院していた500ミリのレンズが

退院したので

試し撮りに井野川へ。

時間 16:30~

見た鳥

ムクドリ、スズメ、ヒヨドリ、ゴイサギ、カワウ、

ハシブトガラス、コガモ、アオサギ、カルガモ、セグロセキレイ

ツバメ、ハシボソガラス、イワツバメ、ハクセキレイ、キジバト

イソシギ

声を聴いた鳥

モズ、キジ

18種

久しぶりにゴイサギを見た。

Dsc_0851

カワウが3回、

頭上を飛んだ。

Dsc_0857

まだ、数組のコガモがいた。

Dsc_0859

滝のところで魚を狙う

アオサギ。

Dsc_0867

強い風に

麦の穂が波打っていた。

Dsc_0869

カルガモも番が多かった。

Dsc_0872

風の来ない草むらに

ヒメジャノメ。

Dsc_0879

まだ若いイソシギ。

Dsc_0905

風の強い日だった。

いつものように、ここで折り返した。

一つ下流の橋。

Dsc_0911

セグロセキレイ

Dsc_0917

撮れそうで撮れない

スズメが菜の花に止まった一瞬。

Dsc_0922

井野川の鳥見をしていて知り合いになった

仕事の傍らメダカを飼っている方と

少し立ち話。

週に一度はこのブログを

見てくれているとのこと。

昨年は、ヒドリガモの番が

ここに初夏までいたと教えてくれた。

飼っているメダカの生簀に

カワセミやカルガモなどの水鳥が来ると聴いて

上の方に止まり木を立てたらと

提案した。

飼われているメダカの方は

たまったものではないだろう。

カメラの

シャッターの切れが良くなって

気持ち良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

バードウォッチングのガイド その2

10:00~12:00

岩櫃城跡付近での鳥

イカル(約30羽)、キジ(声)、ヒヨドリ、ガビチョウ(声)

ノスリ、

13:00~16:00

3クラス101名の中学1年生を

1クラス3人のガイドで

1時間のバードウォッチングを行った。

1組目

13:00~13:50

ハシボソガラス、カワラヒワ

2組目

14:00~14:50

ヒヨドリ、ハシボソガラス、

コゲラの開けた穴、アカゲラの開けた穴

3組目

15:00~15:50

カワラヒワ、キビタキ、ヒヨドリ、アカゲラ

ドラミング

コゲラの開けた穴、アカゲラの開けた穴

午後の時間帯だったので

鳥の活動が少ないため

鳥を見る機会が少なかった。

それでも、3回目には

キビタキ、アカゲラを

一部の生徒が見ることができた。

バードウォッチングは

午前中が良い。

ガイドが終了してから

スミレの撮影に行った。

ニョイスミレ

Dsc_0816_2

エイザンスミレ

Dsc_0820

スミレサイシン アケボノスミレ

Dsc_0827_2


Dsc_0831_2

ウワズミザクラ

Dsc_0834_2

ザイフリボクという

変わった木に花が咲いていた。

Dsc_0838_3


Dsc_0839_2

池には

ヒメダカが沢山泳いでいた。

Dsc_0842_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バードウォッチングのガイド その1

「コニファーいわびつ」に宿泊学習に来た

杉並区の中学1年生101人が

バードウォッチングをする。

群馬の山さんから

そのガイドの依頼があったので

出かけた。

気象予報では午前中まで雨だったが

幸い外れて

上天気だった。

新緑の瑞々しい倉渕の山道を経由して

コニファーいわびつ(東吾妻の平井)へ・・・

Dsc_0736


Dsc_0737

10:00~12:00

群馬の山さんと付近の下見に行った。

植物学に造詣の深い群馬の山さんに

花や草木の名前を教わりながら

岩櫃城へ向かった。

Dsc_0738

Dsc_0811

マルバスミレ

Dsc_0741

このスミレが林道の両脇に

沢山見られた

○○○(同定中)

Dsc_0743

Dsc_0791

Dsc_0795

林の外の日向の個体は

葉が少し茶褐色になっていた。

Dsc_0808

フイリヒナスミレ

Dsc_0746

日向には

タチツボスミレが沢山咲いていた。

Dsc_0759

Dsc_0757

ナルコユリ

Dsc_0763

チゴユリ

Dsc_0774

センボンヤリ

Dsc_0775

ムラサキケマン

Dsc_0810

シロバナエンレイソウ

Dsc_0779

この葉はケヤキに似ているが

対になって葉が出ているのでカエデの仲間の

チドリカエデ

Dsc_0777

ジュウモンジシダ(十文字シダ)

Dsc_0786

畑をよく見たら

イノシシの歩き回った跡だった。

これでは被害が多い訳だ。

Dsc_0814

岩櫃城跡の新緑の中で

群馬の山さんが用意してくれた

おにぎりを食べた。

Dsc_0767_2

群馬の山さんはこの地域の歴史にも

詳しかった。

Dsc_0766_2

あの真田幸村も

ここに居たことがあったとのこと・・・

センボンヤリが沢山自生していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »