« ヤマウド | トップページ | バードウォッチングのガイド その2 »

2014年5月 1日 (木)

バードウォッチングのガイド その1

「コニファーいわびつ」に宿泊学習に来た

杉並区の中学1年生101人が

バードウォッチングをする。

群馬の山さんから

そのガイドの依頼があったので

出かけた。

気象予報では午前中まで雨だったが

幸い外れて

上天気だった。

新緑の瑞々しい倉渕の山道を経由して

コニファーいわびつ(東吾妻の平井)へ・・・

Dsc_0736


Dsc_0737

10:00~12:00

群馬の山さんと付近の下見に行った。

植物学に造詣の深い群馬の山さんに

花や草木の名前を教わりながら

岩櫃城へ向かった。

Dsc_0738

Dsc_0811

マルバスミレ

Dsc_0741

このスミレが林道の両脇に

沢山見られた

○○○(同定中)

Dsc_0743

Dsc_0791

Dsc_0795

林の外の日向の個体は

葉が少し茶褐色になっていた。

Dsc_0808

フイリヒナスミレ

Dsc_0746

日向には

タチツボスミレが沢山咲いていた。

Dsc_0759

Dsc_0757

ナルコユリ

Dsc_0763

チゴユリ

Dsc_0774

センボンヤリ

Dsc_0775

ムラサキケマン

Dsc_0810

シロバナエンレイソウ

Dsc_0779

この葉はケヤキに似ているが

対になって葉が出ているのでカエデの仲間の

チドリカエデ

Dsc_0777

ジュウモンジシダ(十文字シダ)

Dsc_0786

畑をよく見たら

イノシシの歩き回った跡だった。

これでは被害が多い訳だ。

Dsc_0814

岩櫃城跡の新緑の中で

群馬の山さんが用意してくれた

おにぎりを食べた。

Dsc_0767_2

群馬の山さんはこの地域の歴史にも

詳しかった。

Dsc_0766_2

あの真田幸村も

ここに居たことがあったとのこと・・・

センボンヤリが沢山自生していた。

|

« ヤマウド | トップページ | バードウォッチングのガイド その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183945/59567371

この記事へのトラックバック一覧です: バードウォッチングのガイド その1:

« ヤマウド | トップページ | バードウォッチングのガイド その2 »