2014年1月23日 (木)

カヌー教室のDVDから

昨年、カナダでカナディアンカヌーを

経験したので、

9月7日に浜川プールのカヌー教室に参加した。

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2013/09/post-bcff.html

たまたま、J・COMの取材があった。

昨年放映されたが、見ることができなかった。

暮に浜川プールに泳ぎに行き

そのDVDを借りることができた。

コピーできないので

画面をカメラで撮った。

カヌーの乗り方の諸注意。

11dsc_0670

準備運動。

21dsc_0671

パドルは肩幅で握って


3dsc_0673

沈しても大丈夫と言うが・・・

4dsc_0674

真剣な表情。

5dsc_0675

いちじんの画面に解説が。

6dsc_0676

けいこさんの画面にも

7dsc_0677

スムーズに漕いでいるように見えるが・・・

8dsc_0678

なかなかうまく進まない。

9dsc_0679

パドルではなく、手で水をかいている。

10dsc_0680

休憩時のインタビュー

11dsc_0684

カヌーの魅力とは?

12dsc_0685


13dsc_0686

おじさん、首にタオルを巻いて悪戦苦闘。

14dsc_0687


15dsc_0689


16dsc_0691


17dsc_0692


17dsc_0693

後半は流れるプールで漕いだ。

速く進むが、

コントロールがなかなか思うようにいかなかった。

それでも、水の流れに逆らって(逆回り)

1周漕ぐことができた。

2人で緑のTシャツを着て行ったので

目立ったようだ。

思いの外、画面に登場していた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

E-mail from Canada

今年7月にカナダのウィスラーで

お世話になったSさんから

E-male が届いた。

Sさん夫妻は11月に日本を訪れ、

松本から東京へ帰る途中

我が家に来てくれた。

食事をしたり、近所を散歩したりした。

日本の後、フィリピン旅行に行った。

大型台風の急襲直後だったので

心配していたが

お二人は無事にカナダへ帰ったのだった。

クリスマスより正月の方を盛大に祝う習慣だと

いうことを知っているとあった。

けいこさんのFBの

クリスマスの食事会のケーキの画像を見たようで

いつもケーキをけいこさんが作っているのですかとあった。

Sさんは自分でいつもケーキを作っているから

けいこさんも作っているものと思ったようだ。

(実際はケーキ屋さんのケーキでした)

ウィスラーはスキーリゾート

クリスマスから新年にかけて忙しくなるとのこと。

白銀のウィスラーを想像したのだった。

ウィスラー 冬 で検索したら

またまた凄いHPに

行き着いた。

http://www.e-funahashi.jp/abroad/canada/

この中の熟年の英語習得法(英語は世界を開く!)が

凄い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 5日 (火)

ちいさなおもてなし

今年の7月、8日間カナダのウィスラーで

お世話になったB&Bのオーナーご夫妻の

日本訪問に対する

「ちいさなおもてなし

松本から新幹線で来高

11:00 高崎駅へ出迎え

11:25 新幹線の改札口でハグ

11:40 自宅着

      情報交換

13:00 昼食 近くのインドカレー店で食事

1dsc_0582

13:30 近くの鮮魚専門店で買い物の見物

      量販店で花の見学

17:00 ホテルでチェックイン

17:20 高崎駅で新宿行きの乗車券を購入

18:00 手巻き寿司パーティー

 ギターの弾き語り            ご主人

 ピアノ演奏「エリーゼのために」   けいこさん

 人気のあった食材

 カリフォルニア寿司に慣れているので

 アボガド、キュウリ、卵焼き、ポテトサラダ、菊の花の酢の物

 飲物

 ビール、ワイン(ココワイン) 

 生魚には手を出さなかった。

2dsc_0590

20:00 子2の妻が鶏の唐揚げとたい焼きの差し入れ

20:36 高崎問屋町駅でハグして見送り

もっぱらけいこさんが話をした。

わたしはほとんど会話の中に

入れなかった。

わたしは運転手兼コック助手(busboy)だった。

だから

細かな話題はほとんど記憶に残らなかった。

トホホ・・・

良く出た言葉

persimon      柿

chrysanthemum   菊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

カナダから・・・

7月にカナダのウィスラーでお世話になった

宿のオーナー夫妻が

11月に日本に来る。

松本から東京へ帰る途中

我が家に寄ってもらうことになった。

現在、プログラミング中だ。

そこで

宿に滞在した日々を remenber ・・・

7月10日

8日間滞在した宿を出る日の記録。

このテーブルで毎朝

甘い朝食を食べた。

2594

この日の breakfast

2578

この朝、ハチドリが餌筒に

やって来た。

5585

サイン帳に記帳

向こうの部屋がキッチン。

2596

ガイドの太田さんが

迎えに来てくれた。 pick us up

4597

太田さんに

シャッターを切ってもらった。

オーナー夫妻と

3599

1階、右側の部屋に

滞在した。

4601

庭にはシャクヤクが咲いていた。

このシャクヤクにも

ハチドリがよく飛んできた。

4575_2

車にスーツケースを積み込んで

ウィスラーの中心街にある

太田さんの住まいへ移動だ。

4602

庭でシマリスが

見送ってくれた。

3608

あれから3か月だが、

それ以上、時が経った気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月10日 (火)

ハミングバード

7月7日

滞在していたB&Bのテラスで

お茶していたら

ハミングバードが蜜を吸いにやってきた。

1640

ウィスラーのハミングバードよ。

首と腹部の模様を見て!

1650

これから、蜜をいただこうっと!

1664

さあ、飲もう。

1658

美味い !

1674

7月8日の記事

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2013/07/post-9a3d.html







| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザイルで

7月6日

ガイドのOさんを先頭にして

ウィスラー山を登った。

ヘルメットを被り、

ピッケルを持ち、

ザイルで繋がって

氷河の上を登った。

途中の大岩場で一休み。

1453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカ

ピカとは

ピカチュウのことではない。

カナダのウィスラー山で見た

ナキウサギのことだ。

ウィスラー山の氷河上登山の後

ガイドのOさんと三人で

山頂下の岩場で昼食を食べようということになった。

先頭にいたOさんが

「ピカがいますよ」と言う。

ピカは臆病なので直ぐに岩の中に隠れてしまって

わたしは見ることができなかった。

Oさんが食事作り始めた。

その間、周りを見ていたが

なかなか姿を現さなかった。

もしかして

また、姿を現すのではないかと思って

私は傍らにカメラを置いて

Oさんが作ってくれた美味なポテト料理を

食べていた。

周りの岩場に目をやっていると

何かが動いた。

わたしは咄嗟にカメラを構えた。

岩の間から姿を現した瞬間。

岩場の色に同化してなかなか気が付かない。

体長20センチのピカ。

10540_2

全身を現したピカ。ネズミのように見える。

1545_2

この時期、草をたくさん食べるとガイド本にあったが・・・

1552

草を食べ始めた。

1559

私たちの気配を感じると

たちまち姿を消した。

だから、この姿を捉えられたのは

わたしだけ。

この画像を早く載せたかったが

カナダから帰ってきてから

ずっと

新パソコン(windows8)が思うように操作できず

載せられなかった。

今日、漸く画像処理(縮小)ができるようになったので

最初にアップしたのが

ピカ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月17日 (水)

カナダの旅 ビクトリアで感じたこと

1 昼間が長い!

 朝は4時頃から明るくなり

 太陽が沈んで暗くなるのが午後10時。

 何とも日が長い。

 夕方の6時は、まだ4時頃の感じがした。

 サマータイムがあることが納得できた。

 だから、仕事を終えてから自分の時間が十分取れるのだ。

 1日を2倍に使っているように

 思われた。

 夜更かし傾向にあるので

 朝が遅くなるようだ。

 朝、6時頃近くの公園に散歩に出かけたが

 散歩や運動をしている人は少なかった。

2 涼しくて、爽やか!

 雨が少なくて、晴れの日が多かった。

 草原は枯れて茶色。

 まるで日本の麦秋のようだ。

 ところが

 水やりの行き届いた公園の芝生はグリーン。

 宿のオーナー夫人の話によると

 雨が最近降っていないので緑にならないとのこと。

 昼間、日向は暑いくらいだが日陰に入れば

 涼しい。

 冬も雪が降ったり、氷がはったりする日は

 少ないそうで

 非常に過ごし易い環境だ。

 朝の公園で出会った日本から来たご婦人、

 友人のところに来たがあまりにも快適なので

 滞在をあと1ヶ月延長するとのこと。

 頷けた。

3 超肥満の人が!

 街中や観光地で肥満の方が目立った。

 地元の人か観光客か定かではないが

 やっと歩いている人もいれば

 歩行用器具に頼っている人。

 電動車椅子に乗っている人も見掛けた。

 街中が舗装され車椅子でも移動できるように

 工夫されていた。

 循環バスもお年寄りや車椅子の人が乗る場合には

 車体を低く落としていた。

 それにしても

 過肥満の人が多い!

 多分、肉とチーズの食文化の影響のように

 思われた。

 ベジタリアン用の食堂やメニューが増えていることが

 理解できた。

4 緑が多い!

 道路にも各家庭の庭にも緑が多い。

 間違えて行った宿の庭には緑が多く

 アジサイやバラが咲き誇り

 真っ赤に熟したサクランボがたわわに実っていたので

 惜しいことをしたと思った。

 ビクトリアの街は

 樹木が多くて大きかった。

 高崎の街に比べると道路や庭を

 3倍から10倍にしたように感じられた。

 桁違いに大きいと言わざるを得ない。

 それに、街作りに計画性と堅実性があるのだ。

 高崎市が街路樹を紅葉する前に

 落ち葉対策として青葉の枝を落としてしまう作業を行っていることが

 寂しく思い起こされた。

 行くのに少し遠いが 

 夏に過ごしてみたい街の一つだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

帰国

ビクトリアからフェリーで

バンクーバーの飛行場に行きました。

undefined

undefined

undefined

16時20分 無事成田に到着。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

最終日

カナダ7月14日 最終日

朝、近くの公園へ鳥見

見晴らし台から、アメリカの 山並みが見えました。

昨日、この海を左の方向へ(東)

ホエールウォッチングに

行ったのでした。

undefined

公園の池にたくさんのマガモがいましたが

親子はこの1組でした。

undefined

2階立てバスに乗って

ブッチャーガーデンに行きました。

undefined

鮮やかな花の色に

圧倒されました。

undefined

日本庭園に咲いていたのは

ハスの花だけでした。

undefined

ブッチャーガーデンから

さらに北へバスに乗って10分。

ポロのゲームを見に行きました。

宿の主人がボロのクラブに入っているというので

出かけました。

上空にハクトウワシが数羽飛ぶのを見ました。

undefined

undefined

ウィニペグの警察音楽隊が

イギリスの伝統楽器で演奏を

していました。

undefined

undefined

| | コメント (0) | トラックバック (0)