2014年5月11日 (日)

でかんしょ合唱団 記念コンサート

会場 高崎市中央公民館 視聴覚室

時間 14:40~15:30

高崎ユネスコ協会通常総会終了後のアトラクション

プログラム

1 ミサ曲 Gloria

2 混声合唱のための童謡メロディー『いつの日か』より

 しゃぼん玉

 ゆりかごのうた

 どんぐりころころ

 みかんの花咲く丘

 汽車のうた

3 混声合唱のための『ホームソングメドレー』より

 ローレライ

 野ばら

 ウィーンわが夢のまち

4 一緒に歌おう

 夏の思い出

5 混声合唱のためのコンポジション『南へ』より

 五木の子守唄

6 でかんしょ愛唱曲

 若返りの水

 ラ・ノビア

 My Way

白の上着、グリーンのネクタイ、黒のズボンと靴で

歌った。

いつもは前列で歌っていたが

今日は後列で歌ったので

歌いにくかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

窯出しコンサート

会場 佐藤烓陶房  倉渕村

時間 14:00~16:00

会費 500円以上のカンパ(上毛新聞社の愛の基金に寄付)

タイトル シンセサイザーの演奏会

演奏者 佐々木正人さん

曲目

 シルクロード

 サライ  

 南極物語

 地球

 シンセサイザーの曲

 祭り

 アンコール

 草原抒情歌

庭に並んだ作品群

Dsc_1112


Dsc_1113

これから佐々木正人さんの

シンセサイザーの演奏会を始めます。

Dsc_1118

その前に

佐藤氏がモーツアルトの

幻想曲を弾いた。

Dsc_1122

いよいよ

佐々木さんの演奏開始。

Dsc_1129


Dsc_1130


Dsc_1135


Dsc_1138

森の中の演奏会が

終わった。

Dsc_1143

客が帰った後、

風が吹いて桜吹雪が・・・

Dsc_1146

今度挑戦する見本の花瓶、

佐藤烓氏のオリジナル作品だ。

Dsc_1149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

ヴィエナコンサート 2014

会場 ヴィエナ前橋館

時間 18:00~20:00

タイトル フランスの響き

フルート・オーボエ・クラリネット・ホルン

ファゴット・ピアノによるコンサート

Dsc_0283

プログラム

G.ビゼー         カルメン組曲         木管五重奏

F.シュトラウス      ノクターン           ホルン

G.フォーレ        シチリアーノ          フルート

A.シュライナー     インマークライナー      クラリネット

C.ドビュッシー      牧神の午後への前奏曲  6重奏

休憩  15分

J.イベール        3つの作品          木管5重奏

E.モリコーネ       ガブリエルのオーボエ    オーボエ

E.サティ          ジュ・トゥ・ヴ          ファゴット

F.プーランク       六重奏曲            6重奏

アンコール        

G.ビゼー         カルメン序曲          6重奏

若い演奏家たちの演奏を

間近で聴くことができた。

フルートの「シチリアーノ」は聴いたことがあって

良かった。

最前列だったのでピアノの奏者の

楽譜が見えた。

音を聴きながら楽譜を

追うこともできた。

ホルンが木管楽器と言うのが

解せなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

2002年の小澤征爾

NHKBS3のアーカイブスで

2002年当時の小澤征爾の活躍を放映した。

「無垢なる共感を求めて」

ボストン交響楽団の指揮者から

ウィーンの国立歌劇場の音楽監督へ移る頃のことだ。

若い演奏家を連れて

東北の寺院や小学校での無料演奏会。

奥志賀でのスキーの練習、

それが縁で音楽堂が建てられ、

そこでの演奏会。

常に夢と希望を実現するために

努力を惜しまない人だった。

指揮棒を持たず

身体全体を使って指揮する姿は

見事だ。

12年前の生き生きした小澤征爾の姿を

じっくり見た1時間50分だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

Vienna おとなの ピアノ フルート 発表会

会場 高崎市シティギャラリー コアホール

時間 12:00~15:30

主催 ヴィエナピアノ・フルート教室

プログラム

1  ○○       北の国から’93               さだまさし

5  To さん     歌のつばさに                メンデルスゾーン

13 KMさん      プレリュードロ短調             バッハ

14 けいこさん    ワルツOp.69-2               ショパン 

17 KFさん      鳥を夢見て                  センヌヴィル

22 久美子先生    ノクターンOp.37-1                            ショパン 

23 黒沢先生     ウィーンの夜会(グリュンフェルド)    シュトラウス

休憩

24 コスモス(キーボードアンサンブル)

              星に願いを、花は咲く

34 Kiさん       ファンタジー                   テレマン

38 正先生       ため息                     リスト

39 友美先生     牧神の午後への前奏曲           ドビュッシー

開演前

全員の記念写真を外で撮った。

Dsc_0048


Dsc_0050

けいこさんは

9か月かけて練習した

「ワルツOp.69-2」を

自信ありそうに堂々と弾いていた。

でも止まりはしないかと

心配しながら聴いていた。

ちょっと不安定な音が2~3あったが

最後まで止まらず弾けた。

Dsc_0063

それ以外の曲はゆっくり鑑賞することができた。

4人の先生の演奏は

それぞれ見事だった。

Dsc_0075

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

櫻舞(おうぶ)コンサート

Flute Duo Aube

アペリティフ(食前酒) コンサート

会場 Sさん宅

時間 18:30~21:00

演奏者 櫻舞 山内豊瑞 白石法久

参加者 30人位

プログラム

 ベートーベン アレグロ

 テレマン 一行楽譜の曲 輪唱

 モーツアルト ヴァイオリンのためのソナタ ケッヘル454

 フランセ 2匹のオウムのおしゃべり 第1楽章 1989年作曲

 スケーターズワルツ ピッコロの曲

 星に願いを ピノキオの曲

 H2Oの曲  1983年作曲

 真っ赤な太陽 美空ひばり 1968年作曲

 童謡メドレー(春が来たー花のワルツー早春賦ー背比べー

 夏は来ぬ-茶摘みー七夕ー紅葉ー里の秋ー母さんの歌ー雪や来んこ)

 花は咲く

アンコール

 星条旗よ永遠なれ

 涙そうそう

しゃれた食事とワインで

櫻舞の演奏を聴いた。

演奏が終わってから

櫻舞の二人と一緒に歓談・・・

贅沢な宵であった。

櫻舞

http://www.alsoj.net/flute/magazine/view/153/262.html#.U0syRfeCipo

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

一夜限りのクアルテット

会場 前橋 アースクリエーション事務所

時間 19:00~21:00

演奏者

 レオニード・グルチン チェロ

 ユリヤ・レブ ピアノ

 高崎玲梨  フルート

 高崎智久  オーボエ

曲目

 テレマン      トリオ・ソナタ

 ベートーベン   モーツァルトの『魔笛』による7つの変奏曲

 モーツァルト   『魔笛』より二重奏

 ウエーバー   フルート、チェロとピアノの為の三重奏曲より第一楽章

 ~休憩~

 ベッリーニ    オーボエコンチェルト

 グリンカ     チェロとピアノの為の小品(夜想曲) ロシア的

 エイトル・ヴィラ=ロボス 

           フルートとチェロの為の『ジェット ホイッスル』 ブラジル的

 バッハ     トリオ・ソナタ ト短調 BWV1038

 アンコール

 ビゼー          アルルの女より アリア

アースクリエーションのTさんの

友人知人が50人近く集まった。

会場に入ると

ワインやコーヒーのおもてなしがあったので

わたしはワインを・・・

けいこさんはコーヒーを・・・

素晴らしい音色とワインに酔ってしまって

前半は夢うつつで聴いていた。

後半のグリンカの曲が良かった。

アンコールの「アルルの女」は

聞き覚えのある旋律だった。

帰りはけいこさんの運転で・・・

今回はアースクリエーションの第2回コンサートだった。

第1回のコンサート

https://www.facebook.com/events/148519738667365/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

そして葉桜のとき

今時

思い出す歌は

『そして葉桜のとき』

それはあの3.11の前日だった。

2011年3月10日

安中にボニージャックスのコンサートに行った。

その記録

http://kokoronotabi.cocolog-nifty.com/kokoro/2011/03/post-051d.html

皮肉にもあの東電が主催だった。

その時、一番心に響いたのがこの歌だった。

『そして葉桜のとき』

https://www.youtube.com/watch?v=BDUd7Gy12bQ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月28日 (金)

タケオ・リアル 高崎シティバンド

会場 JJ&BB

時間 20:00~22:00

演奏 タケオ・リアル 高崎シティバンド

 キーボード・ボーカル

 アルトサックス

 ヴァイオリン

 パーカッション

演奏曲目

ジョージア・オン・マイ・マインド

オール・オブ・ミー

ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー

クロコダイル・ロック

君といつまでも

金曜日なのでJJ&BBに問い合わせたところ

今夜は

高崎シティバンドの演奏があるとのこと。

(ワンドリンクで2500円)

去年のえびす講で路上演奏を聴いた以来だ。

けいこさんは体調が悪いので

独りで行った。

客は10人位で少なかった。

案内した Iさんが来たので

二人で焼酎のロックを飲みながら

若者の演奏に浸った。

何しろ、元気が良い・・・

アルトサックスの響きが良い・・・

負けじとヴァイオリン・・・

素手で叩くパーカッション・・・(セネガルの太鼓)

そして

リアル・タカオがキーボードでの弾き語りだ。

少ない客にも拘らず

いつもの熱演だった。

最後は

オリジナル曲の「高崎シティ」。

ブギウギのリズムで

「高崎シティ」を何度も繰りす心地よいあの曲だった。

演奏終了後

マスターから市民演劇の感想を聴いた。

芝居の中に入るのに初めは緊張していたが

直ぐに、舞台の世界に引き込まれて

面白かったそうだ。

座席が後ろの方だったが

わたしの声がよく聞こえたとのこと。

一緒に行った方が

次回も行きたいと言っていたと言う。

そこで

次回は2015年3月8日(日)に決定したと伝えた。

横でわたしたちの話を聴いていた客が

うちの施設にボランティアで

芝居をしてもらいたいと言う。

キャスト22人の大所帯の年に1回の公演で

出前芝居は到底無理と伝えたが、

少人数での出前芝居も

面白いと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

ピアノ愛好会「アルペジオ」 第19回発表会

会場 群馬県社会福祉総合センター8階

    大ホール

時間 10:00~11:30

プログラム

1 けいこさん ワルツ イ短調/ショパン

2 Hさん    ワルツop.64-2/ショパン & タンゴop.165-2/アルベニス

3 Aさん    蝶々/グリーグ

4 Tさん    ソナタk.208&380/スカルラッティ

5 Sさん    エリーゼのために/ベートーベン

6 Nさん    抒情的小品より北欧のうた/グリーグ

7 Kさん    エチュードop.25-1&25-2/ショパン

8 Oさん    エチュードNo.12op.25/ショパン

大雪の中、車で新前橋に出かけた。

雪のため、2人欠席で8人の発表会だった。

1img_0429

ピアノはスタインウエイ

トップのけいこさんはちょっと乱れがあったが

最後まで弾いた。

2img_0434


3img_0435

最後のOさんはピアノ教室で教えているだけあって

重厚な演奏だった。

最後に8人で記念撮影。

昼食は近くのイタリアンで摂った。

雪が降ってもお客が来るTさんの行きつけの店だった。

4人で4種類のパスタをシェアしたので

いろいろな味が楽しめた。

その足で

旧群馬町のソシアス(生涯学習活動センター)へ行ったが

大雪のため、お目当ての行事は中止だった。

中に入るのは初めてだったので

館内を案内してもらって見学してきた。

240席のホール、ピアノはヤマハだった。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧