2014年5月 4日 (日)

ヒカゲスミレ?

ヒカゲスミレの中に

スワスミレがあったと思っていた。

ところが

わたしたちがヒカゲスミレだと思っていたスミレは

葉が黒ずんでいた。

葉が茶褐色のヒカゲスミレは

タカオスミレと言うのだそうだ。

そこで

その画像を5枚

Dsc_0934

Dsc_0936

Dsc_0937_2

Dsc_0938

Dsc_0939

葉は茶褐色だ。

タカオスミレなのだろうか。

タカオスミレとなると

タカオスミレ×エイザンスミレ

=ハグロスワスミレとなる。

Dsc_0942_2

さてこのスミレ

何スミレなのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

すわ大発見!

今日は初めて見たスミレがあった。

ヒカゲスミレが沢山咲いていた中に

けいこさんが

葉に大きなギザギザがある1株を

見つけた。

「何かしら?」

けいこさんが

いがりさんの図鑑で調べたが

見つからなかった。

「新種かも?」とわたし。

「それじゃぁ、ケイコスミレにしよう!」

ということで

そのスミレを丁寧に撮った。

Dsc_0940


Dsc_0941


Dsc_0942


Dsc_0943

エイザンスミレとの距離を測ったら

30メートル位離れていた。

帰宅して早速ネットで

ケイコスミレを

調べてみた。

「エイザンスミレ×ヒカゲスミレ」で検索した。

あった。

その名は

「スワスミレ」

ということで、

いがりさんの図鑑で再確認

変種と言う中に「スワスミレ」は

あった。

すわ大発見!

一巻の終わり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

バードウォッチングのガイド その1

「コニファーいわびつ」に宿泊学習に来た

杉並区の中学1年生101人が

バードウォッチングをする。

群馬の山さんから

そのガイドの依頼があったので

出かけた。

気象予報では午前中まで雨だったが

幸い外れて

上天気だった。

新緑の瑞々しい倉渕の山道を経由して

コニファーいわびつ(東吾妻の平井)へ・・・

Dsc_0736


Dsc_0737

10:00~12:00

群馬の山さんと付近の下見に行った。

植物学に造詣の深い群馬の山さんに

花や草木の名前を教わりながら

岩櫃城へ向かった。

Dsc_0738

Dsc_0811

マルバスミレ

Dsc_0741

このスミレが林道の両脇に

沢山見られた

○○○(同定中)

Dsc_0743

Dsc_0791

Dsc_0795

林の外の日向の個体は

葉が少し茶褐色になっていた。

Dsc_0808

フイリヒナスミレ

Dsc_0746

日向には

タチツボスミレが沢山咲いていた。

Dsc_0759

Dsc_0757

ナルコユリ

Dsc_0763

チゴユリ

Dsc_0774

センボンヤリ

Dsc_0775

ムラサキケマン

Dsc_0810

シロバナエンレイソウ

Dsc_0779

この葉はケヤキに似ているが

対になって葉が出ているのでカエデの仲間の

チドリカエデ

Dsc_0777

ジュウモンジシダ(十文字シダ)

Dsc_0786

畑をよく見たら

イノシシの歩き回った跡だった。

これでは被害が多い訳だ。

Dsc_0814

岩櫃城跡の新緑の中で

群馬の山さんが用意してくれた

おにぎりを食べた。

Dsc_0767_2

群馬の山さんはこの地域の歴史にも

詳しかった。

Dsc_0766_2

あの真田幸村も

ここに居たことがあったとのこと・・・

センボンヤリが沢山自生していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 2日目

ワークショップ2日目

早朝、伊参スタジオの東の方へ

散歩に行ったら

Dsc_0469


Dsc_0478

「ニョイスミレ」かと思ったが

葉が丸くて、尖っていないので

Dsc_0474

ぬかるみにシジミチョウ

Dsc_0489

校舎の裏庭に

Dsc_0508

朝食もボリュームがあった。

Dsc_0513

貸し切りバスに乗り、

「スミレサファリ」の開始

Dsc_0527


Dsc_0528


Dsc_0536


Dsc_0548


Dsc_0557


Dsc_0574

杉林が丸坊主になった山肌に咲く

スミレを探した。

Dsc_0575

最も美しかった。

Dsc_0607

お目当てのすみれを求めて

こんな急斜面を

Dsc_0644


Dsc_0651


Dsc_0655

昼食をこの斜面で摂った。

Dsc_0656

環境に配慮して

急な斜面を

一人ずつ順番に観察・撮影することに・・・

しばらく待機していて

やっと私の番になった。

さあ、ゲンジスミレだと

動き出した途端

バランスを崩してしまった。

無意識に山側の木に掴まった。

ところが

その木が枯れ木!

ポキッと足元から折れてしまった。

一瞬、身体が宙に浮いた。

滑落だ!

幸い、谷側に木があったので

その木に身を預けた。

 
Dsc_0672


Dsc_0693


Dsc_0702

蛾と思っていたら

セセリチョウだった。

Dsc_0707


Dsc_0712

道の駅「たけやま」に

群生していたスミレには驚いた。

Dsc_0717

伊参スタジオに帰ってきて

いがりさんに宿泊できる車を

見せてもらった。

そしてお別れした。

Dsc_0729

スミレサファリは

無事終了。

とは言うものの

1日目に

枯れた栗のイガに手を着いて

数本棘が指に刺さってしまった。

1本がどうしても抜けなくて

そのまま帰宅した。

まだ、痛い。

5月1日の早朝

針で棘を突いて取ろうとしたが

なかなか取れない。

血が滲んでしまったので

口で吸ったら

棘が漸く出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

いがりまさし氏『山里撮影ワークショップ』 1日目

会場 中之条町伊参スタジオ

時間 10:30~25:00

講師 いがりまさし氏

参加者とスタッフの全員写真

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=614570125301820&set=a.227927363966100.51573.222442124514624&type=1&theater

日程

すみれの観察・撮影

昼食 道の駅「たけやま」蕎麦

すみれの観察・撮影

入浴 四万温泉 清流の湯

夕食 伊参スタジオ シェフ堀澤さんの料理

いがりまさし氏の日本のすみれのDVDのバックに

いがりまさし氏のライブ

交流 25:00まで

伊参スタジオ

Dsc_0292

元伊勢崎4中だったと書かれた記念碑が立つ

希望の丘に桜吹雪・・・

Dsc_0296

今回で6回目のワークショップ。

すみれ研究の日本の第1人者

いがりまさし氏(植物写真家)と

その仕掛け人

中之条「なかのじょう山里テーマパーク」の

吉田さん。

Dsc_0299

早速、清流の流れる山中へ

Dsc_0300

Dsc_0301

フイリフモトスミレ

Dsc_0307

タチツボスミレ

Dsc_0323

エイザンスミレ

Dsc_0325

ホウの木の芽

Dsc_0321

道の駅「たけやま」の鯉のぼり。

この岩山をテリトリーとしているハヤブサが

トビをモバリングしていた。(追い掛け回していた)

500ミリレンズ入院中のため

撮影不可。

Dsc_0332

スミレ・・・

Dsc_0341


Dsc_0345


Dsc_0347


Dsc_0359


Dsc_0368


Dsc_0371


Dsc_0381


Dsc_0396

これは何でしょう?

Dsc_0408


Dsc_0412001


Dsc_0428


Dsc_0430


Dsc_0431

撮影会が終わって

四万温泉の清流の湯へ

満開の桜を湯船に浸かりながら・・・

夕食の前に

いがりさんの講演とライブがあった。

Dsc_0435


Dsc_0442

シェフの料理研究家堀澤さんのご馳走だ。

Dsc_0447

食材、作り方の解説があった。

Dsc_0449

ご馳走さまでした。

Dsc_0452

いがりさんと

音楽論を交わすけいこさん。

Dsc_0459

話が弾んで

わたしが寝たのは

25:00!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

ボタンとフォザキラマヨール

ここ2・3日寒かったので

春の花たちの開花が遅れた。

ボタンがようやく開き始めた。

Dsc_0089


Dsc_0088

フォザキラマヨールは

満開だ。

Dsc_0095_2


Dsc_0094

匂いが仄かにした。

間もなく春が

過ぎ去ってしまう。

惜春!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

庭の花

雨上がりの庭

今年も咲いた

大好きな

フォザキラ・マヨール

名前を覚えてしまった。

Dsc_0028

玄関に入れて置いた

センリョウの実を

庭に出した。

Dsc_0029

蕾のボタンの葉に

小さなかがやき

明日は開花するだろう。

Dsc_0031

白のサクラソウが咲いた

花弁に水滴が・・・

赤のサクラソウは

まだ蕾

Dsc_0035

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

フクジュソウ

60センチも積もった雪の下から

顔を出したフクジュソウ

2月22日

1img_1535


2月26日

雪はほとんど融けた。

満開のフクジュソウ。

表記するなら

福寿草だ。

1img_1595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

今までで一番大きい

我が家には

40年以上前から

芭蕉がある。

最近の温暖化で成長が著しい。

だが、一度も食べられる実になったことが無い。

そこで最近、

実が食べられるプルーンを植えようと

苗木を2本買って来た。

ところが植える場所が無いので

現在、仮植。

そこで、この芭蕉を切り倒すことにした。

芭蕉は木ではないから

高さが5メートルもあって

太くても切り倒すのは簡単だ。

4・5本切ったが一番奥の芭蕉に

実がなっていた。

余りにも見事なので

切ることができなかった。

1735


2738


もう少し、切り倒すのを待ってみよう。

でも、食べるまでには育たないだろうなぁ。

芭蕉(バショウ)について

面白いHPがあった。

http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_basho.html

食べるには完熟させなければ

ならないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

ホトトギス

庭のブナの木陰で

ホトトギスが咲いていた。

暑いから咲くのを間違えたとでも

言ってるようだ。

4733

グリーンカーテンのゴーヤは枯れたが

パッションフルーツの蔓は元気だ。

3729

11月になったら短く仕立てて

部屋に入れよう。

切った枝は、30センチにカットして

ペットボトルに入れて水栽培、

根出しだ。

それにしても

今日も暑い!

真夏日だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧