2014年4月16日 (水)

蕎麦くうかい 第30回

一時帰国していた姪1が

幼児二人を連れてバンコクに明日戻るというので

昼食に蕎麦を打った。

時間 11:30~14:00

客人 大人3人、幼児3人

 (妹夫婦、姪1と又姪1、又姪2、姪2の又姪3)

蕎麦打ち

 2鉢打った。

 水の量 270cc

 久しぶりだったが、手際よく打てた。

 小さい子がいたので、茹で時間は2分にした。

天麩羅

 ナス、蕗の薹、ニンジン、マイタケ、エビ

 色合いが良かった。

 もちろん味も。

食後

姪孫(てっそん)たち3人は、階段が好きで

登ったり、降りたりで

とても賑やかだった。

むすんで、ひらいて・・・

トントントン、ひげじいさん・・・

いとまきまき、いとまきまき・・・

をして遊んだ。

姪の子や甥の子を

姪孫と書いててっそんとも言う。

これは知らなかった。

わたしには姪孫が3人いる。

甥の子は又甥とも言うが

わたしには甥がいないので又甥はいない。

ややこしくなった。

姪や甥の子  姪孫(てっそん)

姪や甥の息子 又甥

姪や甥の娘   又姪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

甘エビの素揚げ

近くの鮮魚店Kで買って来た甘エビを

素揚げし始めたけいこさん。

油が撥ねて危ない!

そこで考えた。

10img_1305

何だかわかりますか?

小人みたい。

大雪の前日、長靴と一緒に買った防寒目出し帽。

これをけいこさんに被せ、

軍手をはめさせ、

完全防備。

これなら油がいくら撥ねても

大丈夫。

そんな苦労をしてできた

甘エビの素揚げ。

9img_1342

これ、腹8分目のダイエット中の身には

堪える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

蕎麦くうかい 第29回

客人 IMさん夫妻、ITさん夫妻

時間 11:00~16:00

1dsc_0199

蕎麦打ち

IMさんが蕎麦打ちを体験したいと言うので

初めに私が打ち、次に打ってもらった。

1.5センチの厚さにしているところ、

2dsc_0190

延し棒で伸しています。

仕事が慎重でした。

3dsc_0191

丁寧に切っています。

同じ幅でとても初めてとは思えなかった。

4dsc_0194

12:30 ITさん夫妻が来たので

情報交換しながら

打ち立て、茹で立てを・・・

5dsc_0196

天麩羅は

エビ、ナス、ウド、マイタケ、カボチャ、レンコン・・・

それから

87歳の義母が作った料理

芋と根菜の煮物、キンピラ。

それから

けいこさんが作ったダイコンの甘酢漬け

(このダイコンはいちじんが育てたもの)

話題は、

音楽、旅(行ったところ、行きたいところ)、

料理、カヌー、木登り、自転車、登山、

ダイビング、ダイエット、等々

面白かった。

最後に私たちが

浜川プールで体験したカヌー教室のDVDと

浅間隠山のTV東京の録画を

見てもらった。

2組の若夫婦とゆっくり話すことができた。

ピアノの前の壁に掛けてある絵を見て


ウィキペディアより

IM妻さんが

「どうしてあの絵を掛けているんですか?」

と言うので

「フェルメールがピアノ(ヴァージナル=チェンバロ)の前にいる女性を

描いた絵なので・・・」

と言い出したら

現役時代、オランダのデルフトに10日ばかり

研修旅行をしたことを思い出したので

その時の話をした。

デルフトのスーパーでスケッチブックと6Bの鉛筆を買い、

フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた所へ

行って一人でスケッチをしたことを。


ウィキペディアより

すると

IM妻さんが言った。

「オランダへ行ったのですか、

私の職場のHさんが、以前、研修でオランダへ行ったと

話していましたが・・・ご一緒だったということはありませんよね」

「オランダへ研修に行くのは珍しいことでしたよ」

と言いながら十数年前のことを振り返った。

「Hさん、Hさん、・・・そういえば、Hさんという方がいましたよ。

今、IM妻さんと同じ職場なのですか!」

次第にHさんの顔が浮かんできた。

・・・

IM妻さんがフェルメールの絵に関心を持たなかったら

Hさんのことは思い出さなかっただろう。

帰りしなIM妻さんに

「Hさんによろしくお伝えください」と

言付けた。

それから、IM妻さんが

ダイコンの甘酢漬けが美味しいと言っていたので

お土産に渡した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

年越し蕎麦

大晦日は蕎麦打ちだ。

午前中、3鉢打った。

子1家族3人、子2家族4人、我が家の3人、

全員で10人。

今日のメインはカニだ。

午後、近くの鮮魚店に行ってチルドのタラバガニを

2束買った。

その場で食べやすいように

カットしてもらった。

18:00~夕食会

賑やかな夕食会になった。

タラバカニは肉が充実していて美味だった。

お汁粉を出し、

最後に蕎麦を茹でて出した。

2歳の孫3が蕎麦を

パクパク食べたので嬉しかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

蕎麦くうかい第28回  九一に挑戦

先日、いとこM1-2の知り合いの蕎麦屋で

九一蕎麦を食べた。

そばの香りが多く

美味かった。

そこで

今日は久しぶりに盛岡から

帰高した子3に蕎麦を打つことにしたが

九一蕎麦に初挑戦することにした。

蕎麦粉 4.5合

割り粉 0.5合

水    250cc

やはり、延しが大変だった。

力を入れてもなかなか延びなかった。

だから、いつものように薄く熨せなかった。

延しが課題だ。

切るために蛇腹折にしたがもう少しで

折れそうだった。

切ったところ、一部折れてしまった。

茹で時間は120秒。

上げたてを直ぐにテーブルに持って行った。

2dsc_0451

どうにか蕎麦になったが

やはり、短い。

1dsc_0449

味もそれほど二八蕎麦に変わらなかったので

けいこさんから

「二八の方が良いわ」と

言われてしまった。

残念!

でも

九一蕎麦を打つ可能性が

あることが分かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

蕎麦くうかい 第27回

客人 叔母親子

時間 11:00~17:00

蕎麦打ち

蕎麦4合、打ち粉1合、

水は250ccで丁度良かった。

2鉢打った。

カメラ紛失騒動で集中してできなかったが

蕎麦はまぁまぁの出来だった。

義母がつけ汁を作り

けいこさんが天ぷらを揚げた。

温かいつけ汁で

食べてもらった。

食べる前に

けいこさんのカメラで

記念写真を撮り、

食べた後

サイン帳に名前を書いてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

蕎麦くうかい 第26回

客人 7月にカナダ・ウィスラーでガイドしてもらったOさん夫妻

時間 10:40~15:30

蕎麦打ちを体験したいというので

鉢を2個用意して

ガイドしながら打った。

①水回し

蕎麦粉4カップ、割り粉1カップ

水250cc

わたしのやり方に沿って上手く練れた。

②延し

わたしのを見ていて

それを真似たのだが

パワーがあり

わたしより薄く伸せた。

③切り

腰が痛いと言うので

椅子に腰かけてやったのだが

丁寧に細く切れた。

④茹で

わたしが90秒+α茹で、

水で晒した蕎麦を

直ぐに食べてもらった。

Oさんが打った蕎麦は

薄く伸せたうえに

細く切れたので

なかなか美味かった。

ガイドが良かったというより

Oさんが上手かったのだ。

師匠顔負けの蕎麦打ちだった。

食後

けいこさんが「エリーゼのために」を

演奏した。

夫人が

「私もピアノを

習いたくなってしまった」

と言った。

Oさん夫妻は今月末

カナダに帰るそうだ。

蕎麦くうかいのサイン帳を出すと

名前のほかに message を書いてくれた。

カナダと日本をつなぐ

細長いお蕎麦のように。

素敵な出逢いをいただきました。

Thank you very much for your special lanch!

We'll come back Takasaki and wish you'll vist

us in Wistler.

その日まで、素適な風が吹きますように。

わたしは市民演劇の練習のため

14:20に家を出た。

その後二人は、

1時間余りけいこさんと話をして

東京に帰ったとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

塩辛の失敗

11日夜

久しぶりにイカの塩辛を作った。

今夜食べたところ

美味い。

お代わり禁止の鉄則を

破ってしまい、

体重がいつもより1キロオーバー!

美味い塩辛を作ったのは

失敗だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

蕎麦くうかい 第25回

客人

けいこさんの中学時代の友人

 Iさんご夫妻(2回目)、T君、Yさん

蕎麦打ち

北海道産新蕎麦

蕎麦:打ち粉 = 4合:1合

水加減 245cc

2回打った。

茹で時間

90秒+α

料理

天麩羅、菊花の酢の物、カボチャサラダ、糠漬け

きんぴら(義母製)

1dsc_0873

薬味

ネギ、一味、刻み海苔、ユズ

Iさんはケアンズから一時帰国中、

Iさんからケアンズの生活を聴いた。

T君は仕事中のため

13:00きっかりに帰宅。

Yさんは久しぶりに来たので

ゆっくり話をして行った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月31日 (木)

蕎麦くうかい 第24回

客人 高崎第九合唱団 前団長御夫妻

時間 12:00~14:00

1dsc_0501

蕎麦打ち 9:00~11:00

① 材料 

 蕎麦粉 4合 打ち粉 1合  水       250cc

水の量がちょうど良かった。

腰のある蕎麦が打てた。

2鉢打った。

② 茹で方

 約90秒

③ 会食

お二人とも蕎麦が好きだったので

食べてもらう機会を作って良かった。

48回目にまた食べに来たいと

言ってもらえた。

最近、高崎第九合唱団では

40周年記念のお祝いをした。

前団長より、その時作った記念誌をいただいた。

40年間の記録がコンパクトに

まとまっていた。

歴代の指揮者、ソロの歌手、団員、

ポスター、海外での演奏会等々

素晴らしい記録集だ。

今年の高崎第九は、ソプラノに佐藤しのぶを迎える。

指揮の「現田茂夫」は佐藤しのぶの夫だそうだ。

ところが

その日、わたしたちは旅に出るため

今年は聴くことができない。

残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧